SSブログ

弱虫ペダル ネタバレ 【323】 [ネタバレ(あらすじ)]

こんにちは。

今回は、弱虫ペダル ネタバレ 【323】をお届けします。


★目次はこちら★



今回はなかなか読み応えがありますよ!

いわゆるスポーツの世界で言う、「駆け引き」、「心理戦」

そして、過去のストーリーで出てきた、ある「言葉」を思い出し、
自分で答えを出す「決断力」。。。

楽しみですよ!







まずは簡単に前回までの振り返りです。


インターハイ初日、山岳ステージ。
手嶋の奮闘をボードで知った小野田は包囲網を全開の走りで突破した。
だか、前走する選手を次々と抜き去る小野田の前に、御堂筋率いるチーム、
京都伏見が立ち塞がった。




前回322のネタバレはこちらからどうぞ!
 ↓ ↓ ↓
弱虫ペダル ネタバレ 【322】


では、323のネタバレです。



坂道を包む・・・異様な圧!


御堂筋が言う
「どうしたん プク」

「急いでるん? プク」

「大切なものでも  失くしたかァ!?」


また・・・御堂筋くん・・・

小野田はぞっとした。。。


御堂筋が言った。

「去年もォ  何か・・・  あったね・・・」

「同じようなコトが」

小野田に京都伏見、御堂筋の恐怖が蘇った。。



小野田は焦った

突破しなくちゃ・・・!!

ここを・・・
どうにかして・・・!!




御堂筋が言った。

「なになくしたん?」

「よっぽどかけがえのないモンやろうな、キミィにとって!!」

「信頼!? 役割!?  目が必死や!!」



小野田は心のなかで叫んだ!

行くんだ 皆のところへ  

     手嶋さんのところへ!!




「通してください!!」




小野田が叫んだ瞬間、一人の京都伏見が小野田の前に出た。

「行かせへんよ・・・   ”1番”クン!!」

「京伏を引っぱる男、この水田信行がな!!」

「どこまで行くつもりや”1番”クン

このさきのチームか?

それともその先!?

ハハハ!!

この水田信行 全て お見通しや!!」




その瞬間、御堂筋が水田に言い放った。

「水田クゥゥン?」

「ボクゥはフェイズ9の発動を指示しただけやよ? 

”1番が飛び出したらおさえる”」


「おしゃべりしてエエとは 言うてへんよ?」

「わ、わかっとる もちろんや

  ちょっと京都伏見のキャプテンとして、しめしをつけただけや」


小野田には御堂筋が一瞬大きく見えた。


これは読んでいて正直ビックリした部分でしたね。

キャプテンでもない御堂筋の立ち位置はどういうものなのか?

しかもキャプテンを完全上から目線・・・

非常に疑問の残るフレーズでしたね。

そして、ここからが更に・・・凄い・・・



「捨てな・・・ 余計な見栄や虚栄は・・・」

「ボクゥチームに必要なんは」


「完璧なる兵隊!!   兵隊であること」


「インターハイやからってうかれてつまらん個性を発揮するつもりなら

いつでも プク」


「切るで!!」


御堂筋って何様なんだ!?

この辺りからちょっと京都伏見の内情というか、欠点が露出しはじめてきます。



そして、この状況を冷静に見ている京都伏見のメンバーがいた。。

京都伏見の山口。


山口はこの1年間を思い出していた。


御堂筋が言う

「今年の目標は
  他には何もない」


「勝利 ただひとつや!!」


御堂筋の暴走に今年たくさん入ってきた1年生も8割がやめてしまったのだった。


3月。3年生を送る会を開くということで、誘いに来た山口に石垣が言った。


「御堂筋はすぐれた選手や

       脚も強いし勘もいい まとめる力もある」

「けど、ロードレースに勝つためには

       オレは最後 信じあえる『良心』が必要やと思っとる」


「山口 

   おまえが御堂筋の『良心』になってやれ」

「もしもの時 御堂筋を止めるのは

          お前や!!  山口」


石垣は御堂筋を押さえることが出来るのは山口しかいないと思っていたようですね。

ただ、山口自身はできるかどうか自信はなかったようです。



小野田は御堂筋に言った

「行かせて!!  先に!!」


御堂筋は言った
「先にィ  行きたいかァ どうしても・・」

「ほなァ」


ここからが信じられない展開でした・・・













「協調しよか?」

「協調ーーーー!!」


「このまま行って追い付くつもりなんだろうけど、それ以上何ができるか?」

けど

「ボクゥとキミィで走ったら

     疲れは1/2や・・・」


「山口くんも回させよう  そしたら


        疲れは1/3や・・・・・・」



完全な罠ですよね。
そんな上手い話なんて無いですよね。


ボクゥもキミィも前に行きたい・・・

利害は一致しとる  こんな都合のいい話はない


「さ 乗りや  遠慮はいらんよ?」


ぐらついてしまう小野田・・・

必死で考える


「御堂筋くんと行ったら どうなる

早く着く それだけなのか 

   考えろ   考えろ   えーーーーと」



いこや・・・

いっしょに・・・ボクゥを 

     先頭まで連れてってや・・・


そう、御堂筋は小野田を利用して先頭に行きたいんですよね!

したたかな作戦



山岳賞争いやったらエエ 心ゆくまで

ボクはじっくり応援したるわ

まあ、けど、その後は  頂くけどな・・・

ゴールは



そう、小野田に先頭まで連れてってもらって、最後にゴールはいただくということ。


小野田に御堂筋の真意がわかるか???



その時、小野田はある言葉を思い出した。


「もし悩んだら  


  考えられる選択を全部考えて悩んで、 


    一番最初に思いついたことをやればいい」



そして・・・・






「ごめん  やっぱり

   断ります  ボクは 一人でたどりつくよ!!」



山口は驚いた。

こいつ・・・この状況で・・・


御堂筋も悟った

こいつ・・・バカじゃなさそうや


小野田、
「だから道をあけて!」


御堂筋、   
   「それは  できん」



ここで御堂筋は条件を出した。

「この男をふりきれたら行ってエエエわ」


何があっても行きます!!   先頭まで!!

手嶋さん!!



御堂筋が選出した男とは・・・

「山口くぅぅん」


「ええ!?」

山口はビックリした・・・


御堂筋は続けた

「フェイズ11や できるやろ 1番をおさえてくるんや」

「できるやろ 

   キミィが大事に抱えとる余計なもの捨てれば」


山口はぞっとした。。


御堂筋は山口の心も読んでいたのが末恐ろしいですね。。。


「おまえが御堂筋の良心になってやれ」


石垣が自分に託した言葉を思い出す山口・・・


果たして山口はどういう行動をとるのか?


324につづく




スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
外為ジャパンを紹介