SSブログ

弱虫ペダル ネタバレ 【324】 感想も入れてみました! [ネタバレ(あらすじ)]

こんにちは。

今回は、弱虫ペダル ネタバレ 【324】をお届けします。


★目次はこちら★






前回、前々回は小野田と御堂筋の駆け引き、心理戦、決断力など、読みどころいっぱいでした。


今回は、誰にスポットがあたると思いますか?




前回までのあらすじを振り返ってみましょう。


インターハイ初日、山岳ステージ。先頭を目指す小野田は
御堂筋の甘い言葉を振りきって走りだした。



そう、小野田は今、必死になって、先頭に追いつこうとしています。

ということで、今回のスポットは



そう、


寺嶋と真波です!



二人の目標は同じ・・・

山岳ゼッケンを獲ること!!




そして、今、二人はいろは坂のつづら折りで戦闘を繰り広げています。


寺嶋が前にでているのを見て、応援しているみんなから歓声があがる。


ただ、傍から見ると、明らかに・・・


「うしろの真波のほうが余裕ある感じだ。。」

あらら、やっぱり寺嶋にはキツイのか?



真波が寺嶋に言う。

「大丈夫ですか、寺嶋さん、そんなハイペースで」

「無理してないですか?」


寺嶋は言い返す

「してるよ!   だいぶ 」


この会話が結構笑えました。


しかし、


「お前が相手だ! (無理)しがいがある」


と切り返すところが寺嶋らしい台詞です。


しかし、真波はまだ全然全開していない様子。




そして、次のシーンで、真波はレース運びを頭に入れていたことがわかります。



「この先のカーブ180度曲がったら、そしたら 


前に出ますよ」


「風向き、逆になるんで!!」



そう、追い風になるまで寺嶋を先に行かせて、追い風になったところで一気に前にでる。


いわゆる

「真波の羽根」


を出すようです。



ここでマージンを作っておかないと追いつかれる!!

焦った寺嶋は一気に全開モードに・・・!!



と、全開モードに入ったはずが・・・



真波は大きな翼を広げて寺嶋を一気に抜き去っていった。


真波が言う

「オレ、生きてるって感じする!」


この言葉も、なかなかいいフレーズですね。



ここでシーンは車の中で杉本達に移りますが、ここは見てのお楽しみで。。








このあと、実は寺嶋の大切なメッセージを伝えてくれています。


寺嶋は当たり前のことを言って、

その当たり前のことをひとつひとつ実践している人なんだ!



そういう人間像にスポットをあてているところが気持ち良いですね。


天才でもなんでもない、平凡な人間だけど、大事なことは基礎


すべては「基礎」の上に成り立っている。。



それを寺嶋が証明しようとしているところは共感を覚えます。


だから、「基礎」の上で「思い切り無理をする」ことで、

ちゃんと真波に追いついて走っている。。


真波はビックリしたようです。


そして、

「無理してついてこなくていいのに」

という真波に、



「いやあ、お前の羽根と同じようなモンさ」


「無理」はオレの

  必殺ワザなんだ」


と言ってのけるのが寺嶋流でした。





ただ、ここで真波がここで終わるわけがありません。



最後に、もう一言、付け加えましたよ。




「じゃあ、ここからは オレも


   「全開」でいきます!!





いったい、どこまで全開するのでしょうか???


ついに真波が本気モードになったようです。



ここから先は【325】につづきます。




さて、皆さん、いかがでしたか?


今日は、ちょっと視点を変えてあらすじをまとめてみました。


スポーツの世界はホント、駆け引きと心理戦ですよね。

また、今回のように、レースの場合は風向きなどの自然の力なども計算に入れて

勝負に挑むことも必要です。


そして、単に努力や実力だけではなく、

時には、無理をしてでも仕掛ける時は必要である


といういろいろな要素を今回は取り入れていますね。




さて、次回はどこにスポットがあたるでしょうか。



こちらも楽しみですね!


スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
外為ジャパンを紹介