SSブログ

弱虫ペダル ネタバレ 【342】 [ネタバレ(あらすじ)]

こんばんは。


今回は、弱虫ペダル ネタバレ 【342】 をお送りします。



★いよいよ3月6日から「舞台 弱虫ペダル 「The WINNER」が始まりますね。
こちらのページも立ち寄ってくれると嬉しいです!
  ↓   ↓   ↓
舞台 弱虫ペダル「The WINNER」


では、前回までのあらすじを振り返りましょう。

インターハイ1日目ゴール争奪戦
先頭で並んだ御堂筋と鳴子
二人の因縁の対決はいかに
一方、追走する箱根学園の黒田が協調を今泉に提案し・・・



前回を詳しく読みたい方は、弱虫ペダル ネタバレ 【341】 をどうぞ。


★目次はこちら★



御堂筋に追い付くため、なんと今泉に「協調」を提案した黒田。
もし今泉がのったら、総北と箱根学園の「夢の協調」
果たして、今泉は受け入れるのでしょうか?


<コミック派はこちら! 安心のAmazonで!>
★弱虫ペダル コミック 1-38巻セット (少年チャンピオン・コミックス)

<弱虫ペダルの電子コミックはこちらがオススメ! 立ち読みもカンタンです!>
★弱虫ペダル 電子コミック版★



それでは、弱虫ペダル ネタバレ 【342:スイッチ】のスタートです!



協調の誘いに今泉の決断はどう出るのか?


箱根学園との協調・・・
もうゴール前3km。
箱根学園は同じゴールを狙う敵チーム


しかし、
前にはあの御堂筋がいる
今泉が下した決断は・・・


「追う!!」

「します協調!!黒田さん」


「しゃあ!!」
だったら、てめぇも
振り落とされんなよ
総北 今泉!!


「はい」


なんという光景
総北と箱根学園の協調
敵同士でも目的が同じなら手を組む・・・


御堂筋のアタックに対抗せよ
総北と箱根学園の、夢の共同作戦
先頭まで・・・

最速で向かえ!


速い、黒田

それもそのはず。

当り前である。
黒田は元クライマーなのだから。


「すごい」

そのすさまじい脚力に今泉は目を見張った


まるでひっぱられるような加速だ
しかも登りなのに!!


なめんな京都伏見

てめえが登りで仕掛けたことを
後悔させてやるぜ


黒田は御堂筋に完全対抗している
その姿勢を見て、今泉は
黒田の「何か」が違うと感じていた。


(さっきまでの走りとは違う
いったい何をしたのか?
一段階プレッシャーが上がっている)


(さっき”スイッチ”つってた)


今泉は黒田がこめかみに手を当てたことを覚えていた。
それとなにか関係があるのか?
それ以上は分からなかった。


しかし、
葦木場はそれを見て、
黒田が”スイッチ”を入れたことを感じ取っていた


スイッチをいれてからの黒田は速いのだと。



**************ここから回想シーン*****************

「あん? スイッチが何か だって?」

過去に葦木場は黒田に
”スイッチ”のことを聞いたことがあったのだ。


スイッチが入ると急に速くなる黒田に、
なにかのおまじないなのか?ときいた葦木場に
黒田は耳の後ろにキズがあることを告げた


黒田は部のみんなが知っていると思ったし、
わざわざ話すことでもないかな、と返しつつ、


「”スイッチ”てのはさ

キズの治りきれてねえカサブタを剥がすのさ


そう言って黒田は爪でそのカサブタをガリっと剥がした

血が飛び散る・・・


葦木場はちょっと引いていた・・・(笑)

**********************************************

<コミック派はこちら! 安心のAmazonで!>
★弱虫ペダル コミック 1-38巻セット (少年チャンピオン・コミックス)

<弱虫ペダルの電子コミックはこちらがオススメ! 立ち読みもカンタンです!>
★弱虫ペダル 電子コミック版★



黒田の”スイッチ”とは、

カサブタを剥ぐことで
体の中から昔の自分を蘇らせるためだったのだ


何でも一番じゃなきゃ耐えられなかった頃の自分が
そうしたら

「上がるんだよ」

「闘争心」

「集中力」


敵喰らってやろうって気持ちが
ハネ上がんだ!!

「京伏らあああああああ」


完全に黒田は跳ねあがっていた
それを後ろからじっと見つめる葦木場


そして今泉は、
後ろの葦木場もプレッシャーをあげたことに気付いた


同調して上がる二人・・・
今年の箱根学園の
一番と二番の強さの秘密を知ったのだった。


その時今泉は、
(協調したのは、おれの判断ミスではなかったか?)
そんな思いがふと頭をよぎった


この協調はのらないほうが正解だったのか?


なぜなら、
この強敵をゴール前に運んでいることになる。。


総北はすでにゴール前に
鳴子がいる


自分はむしろ箱根学園を止める役割
すべきではなかったのか?


しかし、自分がのらずにこの二人が
先頭に追い付く可能性はある


もしそうなれば総北は一人。
圧倒的に不利になる。




黒田が今泉に声をかけた

「いいぜ」

「やるじゃないか総北 今泉」


「いい引きだ
    スムーズだしムダがねえ」


黒田は本当に賢い男だ。


今泉に言った。
「おまえ、いろいろ考えてるだろ?」


今泉がさっきまで、
協調は正しい判断だったのか?と
自問自答していたこともちゃんと察知していたのだ。


今泉は一瞬戸惑った。
しかし、黒田は

「いいぜ、その目」

「活きがいい」


「プライドの高い「エリート」の目だ」


黒田は、自分も今泉と同じエリートだったからわかるんだと。

「むれねェ」
「退かねェ」

「人の言うこと聞かねえだろ、そのくせ」
「人の倍デキんだ・・・!!
        そら勘違いする」


そんなことはないと今泉は返すが、


まあ、がんばれよ、甘チャン、
そういってまた一段階ギアをあげた。


今泉は、自分はだれよりも努力したから強いし
結果もだしている。
エリートだとかは関係ないと切り返す


すると、黒田は意外な「問いかけ」をしたのだった

「一番嫌いなヤツに
    頭下げたことあるかよ?」


そう、昔の自分がやったことだった。。
それを黒田は忘れてはいない。


黒田は、
チームはもがいて苦しんで、
あがいて、
強くなると信じている。


だから、
仲良しクラブとしてしか映らない総北が
どこまでいけるかみたいと。




「雪成(ゆき)ちゃん代わるよ、次 先頭!!」
葦木場が黒田に声をかけた


しかし、黒田は手で葦木場をさえぎった
「上がるな 葦木場」

なぜ?


その行動に葦木場も今泉も焦った


3人の協調だろ、という葦木場に
おまえはエースだ!
エースはゴールをとるのが役割だと。

どんなにピンチでもエースアシストを信じて
後ろで足を貯めるのがお前の仕事だと。

そして

「心配すんな・・・」


「おめえの分は
    俺が2倍引く

「それで今泉が不満つんなら3倍引く」



「黙ってついてくりゃいいんだ」

「おれは届け屋 黒猫 黒田だ」

それを聞いた今泉は
黒田の「アシスト」としての、とてつもない
プライドと意思の強さを知ったのだった。




そのころ、先頭の御堂筋は鳴子を引き離し、独走していた


やっぱり限界だったね、

「ほなら頂くよ
    ゴールはボクゥが!!」



強調した3人は残り2km半まできていたが、
まだ御堂筋の背中は見えなかった。


想定していたより速い
このまま追いつかないのか!!


今泉が悔しそうに願った
(そうなったら頼むぞ、鳴子)


「チィ」
黒田も、葦木場も必死の形相だ


しかし、御堂筋は見えない・・・



と・・・




ニヤリとして御堂筋を睨む男が一人追随している・・・

鳴子


思惑が渦巻くゴール前
強敵、御堂筋の走りに対して
総北・鳴子の笑みの真意とは何か?


ということで【343】につづく


弱虫ペダル ネタバレ 【344】


<コミック派はこちら! 安心のAmazonで!>
★弱虫ペダル コミック 1-38巻セット (少年チャンピオン・コミックス)

<弱虫ペダルの電子コミックはこちらがオススメ! 立ち読みもカンタンです!>
★弱虫ペダル 電子コミック版★




★感想★


今泉くん、やっぱり協調にでましたね。
これは妥当な判断でしょう。


我々読者にとっては、
「総北と箱根学園の協調」なんて、
本当に夢のようですね。


この夢の協調を無駄にはできませんよね。


何が何でも追いつく!
そうに違いありません。


このまま御堂筋がゴールをとっても
何にも面白くありませんよね。


もうひと波乱、ふた波乱ありますよ!


そして、単に3人の協調ではなく、
ちゃんとエース葦木場を貯めているところが
次の展開の伏線になっているような気がします。


そして、不気味な笑みを浮かべる鳴子

こちらも新生鳴子劇場を披露するのか。


残り2・5km


最後のゴール争い、大いに期待しましょう!



最後までお読みいただきありがとうございました。



★目次はこちら★

弱虫ペダル ネタバレ 【341】
弱虫ペダル ネタバレ 【340】
弱虫ペダル ネタバレ 【339】 
弱虫ペダル ネタバレ 【338】


<こちらのブログも読んで頂けると嬉しいです!>

↓   ↓   ↓
















スポンサーリンク






nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
外為ジャパンを紹介