SSブログ

弱虫ペダル ネタバレ 【352】 [ネタバレ(あらすじ)]

こんにちは。

今回は、弱虫ペダル ネタバレ 【352】 をお送りします。




スポンサーリンク













まずは、前回までのあらすじを振り返りましょう。

インターハイ1日目が決着。
初日の激闘の代償に、手嶋や鏑木が疲弊してしまい危機的状況に陥った総北
そんな中、坂道は元主将、金城に偶然出会うが・・・




前回を詳しく読みたい方は、弱虫ペダル ネタバレ 【351】をどうぞ。


★目次はこちら★



<コミック最新第39巻、絶賛発売中! 下のリンクから購入できます!>
★弱虫ペダル(39): 少年チャンピオン・コミックス★


<弱虫ペダルの電子コミックはこちらがオススメ! 立ち読みもカンタンです!>
★弱虫ペダル 電子コミック版★



総北の危機に現れた元主将、金城真護!!

しかし、坂道の期待には応えず・・・


それでは、弱虫ペダル ネタバレ 【352:金城の言葉】のスタートです!


小野田
「あ あの よかったです 
金城さんが来てくれて 不思議です 
金城さんに会うと あの… 

もうボク2年生なのに 
一瞬で1年生に戻ってしまうような気持ちになります!!」


そんな小野田に金城は厳しい言葉を返す


金城
おまえたちのテントへはいけない 
もうオレたちはおまえたちを支えることはできない


とぼとぼとテントに戻る小野田


探していた鳴子はすでにテントに戻っており、
メンバーミーティングが始まるところだった


手嶋
オレたちは全力を尽くした!! 
6人全員で そして敗北した!!

最後 鳴子ががんばってくれたが 届かなかった 
僅差の2位だった!!」


厳しい顔の鳴子、今泉


今泉
「(手嶋さんもーー鏑木も僅差の2位 
ギリギリのところでやられてるーーー!!)」

手嶋
「このことからオレが導き出した答えは 
オレたちはまだ 挑戦者だってことだ!!


やっぱり箱根学園は強い 
観客もそれを期待してる 
京伏の動きもあなどれない 
だったら できるこた ひとつだ


去年と同じだ 
しつこく食い下がって 
ボロボロになって 
何度も試して失敗して 

小さな小さなチャンスを見つけてつかむ!!


魂をあずけて 
積んで めいっぱいで走る 
助けあって 支えあって あきらめない 
総北の走りをやるしかねェ!!」


鳴子「やっぱ それしかないっすか…!!」

今泉
「あの走り方 疲れるんですけどね」

青八木
「………!!」

手嶋
「そういうことだ!!」


その時、小野田が手を上げる


小野田「ひとつ ご報告があります 

さき程 会場内で 金城さんにお会いしました


驚きで思わず立ち上がるみんな 
応援に来たと思い喜びの顔になる


小野田「けれど 
ボクらには会えないと 
おっしゃってました」








***********久しぶり回想シーン**************

会えないといわれた小野田が金城にその理由を聞く

小野田
「ど どうして…ですか 
一目 
一目くらいいいじゃないですか 
皆さんも絶対喜びますから」


金城
「はじめはオレたちもテントに行ってねぎらうつもりだった 


だが 総北は今日1日目ギリギリのところで機を逃した 
危機だと感じた」


小野田
「だったらーーなおさら」


食い下がる小野田の肩を金城がぐっとつかむ


金城「危機的状況を回避あるいは逆転させ 
勝機に代える力は個の中か 
チームの中にしかない!!

オレたちが行けばたちまち緊張の糸が切れ 
課題を見失い 
チームはバラバラになるだろう


今が一番脆い 

わかるな 小野田 


つらい状況の中でもがき苦しめ小野田!!
 
そこから生まれてくるものは必ずある!!」


金城が自分たちのために、
あえて会わないでいることに気づく小野田


その顔つきから、2年生の顔になったと感じる金城


金城
「誰にも会わずに帰るつもりだったが 
おまえと話せてよかったよ 小野田


今日会わないことは3人で決めたことだ 
つらいだろうが理解しろ 
だが時間のある限り 
オレたちはレースを見ていくつもりだ

帰って皆に伝えてくれ 
必ずどこかでオレたちは見ていると」


金城の言葉に引っ掛かりを覚える小野田


小野田
「え 3人?」


それに気づき、一度は黙ったままにしようとする金城だが、
やはり口を開く


金城
「ああ 巻島も来ている 
遠くイギリスからな 

おまえたちのゴールも見ていた


小野田「(ま… 巻………… 

巻島さんが…この会場に… 

日本に!!)」



小野田が巻島に手紙をたくさん送っていることを知っている金城は、
遠くから来ている巻島に会いたいだろう小野田の心情を慮る


慰めようと小野田の肩に手を置こうとしたその時、
小野田からの湧き上がるプレッシャーを感じ、
目を見張る


小野田
「来てくれてるんですね 
巻島さん…… 来てくださってるんですね 
見てくださるんですね ボクらのレースを

うれしいです!!


涙を浮かべ、ぱかーと笑う小野田



*********************ここまで************************




再び総北チームのテントの中

今泉
「フ… 会いには来れない…か」

鳴子
「かたいな カッカッカ 石か!!」

青八木
「田所さんも……!」

手嶋
「フッ そういうことか 脆い時こそ支えない…!」

小野田
だから 強くなりましょう!! もっともっと強くなって


小野田から湧き上がるものを感じて、
去年の金城が小野田のことを
『沸きあがるプレッシャー』
と評していたことを思い出す手嶋


小野田
新しいボクたちの総北を先輩方にお見せしましょう!!


手嶋
「(まっすぐな目…!! 
これで去年の総北を動かしたんだ 
小野田は!!)


そうだ シンプルだがその通りだ 
小野田!!」


鳴子
「当ったり前や 
ほならビビらせたるわ!!」

今泉
「勝つまで会いに来ないってことかよ!! 
相変わらずハードルの高いオーダーだよ!!」

青八木
「イチバンのイチだ!!」


円陣を組んで手を合わせる5人


小野田
明日もいきましょう!!総北!!



おお!!

しゃあ!!


先輩たちの思いも積んで、闘うチーム6人!!



ということで、【353】につづく





スポンサーリンク











***感想***

先週はこのままで明日は走れるのかと心配した総北でしたが、
みごと気合が入りなおしましたね


会わないって決めた金城さんたちOBもかっこよかったけど、
それを受けた皆もかっこいい!


そもそも手嶋さんが皆を集めたのも、
先週の感じでは悪い予感しかしてなかったのに、
それを大きく裏切るあの演説ですよ


「このことからオレが導き出した答えは 
オレたちはまだ 
挑戦者だってことだ!!」 


く~これこれ!! 
かっこいい~♪ 
さすが手嶋さんだ~!


そして小野田君ですよ!! 
なんてすごい子なんだ小野田君!!


静かに湧き上がるプレッシャー、
皆を巻き込むあのパワー 


今までも小野田君のあの、
諦めずに、自分のすべきことを見据えて、
そこに向かって一直線に向かうプラスの気持ちに
何度も助けられたことを思い出しました


そうだよ、今まで通り 
小野田君がいれば 
皆がいれば 総北は大丈夫だ!!


2日目は反撃だ!
去年のチャンピオンの力を見せ付けるんだ!!


がんばれ~総北!!


★目次はこちら★


<こちらのブログも読んで頂けると嬉しいです!>

↓   ↓   ↓





★これから季節、熱中症の対策も必要ですね。
こちらのブログも是非お立ち寄り頂けると嬉しいです!
↓   ↓   ↓
★これだけ知っておこう! 熱中症対策ブログ★





スポンサーリンク






nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
外為ジャパンを紹介