SSブログ

弱虫ペダル ネタバレ 【355】 [ネタバレ(あらすじ)]

こんにちは。

今回は、弱虫ペダル ネタバレ 【355】 をお送りします。




スポンサーリンク










まずは、前回までのあらすじを振り返りましょう。

インターハイ初日、完全勝利を収めた箱根学園に対して
坂道ら、総北メンバーは、「挑戦者」として2日目に臨むことを誓った。
一方、夜中に失踪した京都伏見の御堂筋も、
1位の座を奪還する決意を固めていた。
そして2日目の朝を迎え・・・


前回を詳しく読みたい方は、弱虫ペダル ネタバレ【354】をどうぞ。



★目次はこちら★



<弱虫ペダルの電子コミックはこちらがオススメ! 立ち読みもカンタンです!>
★弱虫ペダル 電子コミック版★




それでは、弱虫ペダル ネタバレ 【355:2日目の朝】のスタートです!



インターハイロードレース2日目

朝の準備に女の子たちがゲート前にやってくる



「はーー 
ねぇ幹 ロードレースの裏方っていつもこんな朝早いの? 
睡眠時間少ないし 
おまけに重労働!!」

寒咲
「フフフ そうよ」


「だから何で笑顔なんだ 
ちょっと冷えるんだけど~ 夏なのに」

寒咲
「あ ほら 見てゲート」


「あ ホントだ 幹の言った通りだ 
昨日までゲートの文字『GOAL』だったのに『START』になってる

寒咲
「夜のうちにはりかえるの」


「ほんとにここからスタートするんだね」

寒咲
「うん」


ゲートを見上げる2人



「またここからあの長い闘いをやるんだねぇ… 
先輩たちと後輩くんと鳴子と今泉くんとメガネたち」

寒咲
「そ スタートすれば二度とやり直すことのできない一度だけの闘い」


「応援するっきゃないね 
昨日走ってるのずっと見てたからね 
願い 叶えてほしいね

寒咲
うん…!! 
いよいよ始まる 

インターハイ2日目が







カメラのシャッター音が響き、
観客の歓声の中、
箱根学園の選手たちが登場する


銅橋
あんだそのダセーボウシ!!
マナミ!!


真波は昨晩小野田の母にもらった帽子をかぶっている


真波
「へへ いいでしょコレ 
ギリッギリのセンスだと思わない?」

銅橋
「ギリギリ…じゃなくアウトだよ 
買ったのかよ 大幅にアウトだよ」

真波「もらったの」

新開
「真波さんよく人から物もらいますねーー」

真波
「あげないよ」

銅橋
いらねーよ 
キラーンてした目で言うなよ 
誰も欲しがらねーよそんなモン 
つかハコガクとしてダサイから外せ 今すぐ」

葦木場
「くれない…か 
どうしても…か 真波」

銅橋
も一人いたーー!! 
葦木場さんダサイでしょコレ確実に!! 
どうかしてるぜ!?」

葦木場
「わるくはないよ」

真波
「だよねー先輩」

銅橋
「オレが少数派!? 
ちょ新開てめェはどう思う」

新開
「どうですかねー」

銅橋
「ふくんでんじゃねーぞ コラ」

黒田
「コントはそんくらいにしとけ」


黒田の登場に沸く観客たち


おお
黒田だ 昨日ゴール前で落車してまでエースの背中を押した男!!」
「6人揃ったぞ 箱根学園!!
「王者の風格!!」
「すげぇオーラ」

「昨日のスリータイトル全てを獲って」
「走るのか 12番 あいつも 黒田」
「いやそれどころか黒田が来たとたん空気が変わった!!」

「これが今年の王者 箱根学園か!!」

黒田
行くぜ 塔一郎

泉田
ああ!! 雪成!!



泉田
「(『機能している』!! 
チームが!! 個々が!! 
走っていなくともわかる!!


箱根学園の伝統と厳しい練習は
個の強い者を多く生み出す 
だが強い個が集まるだけではチームとしては機能しない


お互いがお互いの無い部分をおぎない 
得意とするところを増幅させる


そういう役割分担がなされて初めて強くなる 
去年の福富さんのチームが最強とうたわれたのはそういう理由だ!!


お互いの立場を理解し高めあっていた!! 
だが今年も決して負けてはいない!!


銅橋のスプリント 
真波の山 
雪成の捨て身の走りで手にした勝利 
それがこのチームの最後のピースをはめてくれた


今年の箱根学園は雪成を軸に回っている 
彼がいるおかげで他の者は自由に走れる

それでいい!! 
ボクはそっと見守りいざとなれば助けよう!! 
完璧だよ…!!)」


黒田
「ゼッケンは全部トったぁ 
けどそいつは昨日の話だ 

トンぞ今日も 

うかれんなヨ 
いくぞ箱根学園!!

「おお」



箱根学園に歓声を送る観客たち

「おおおハコガクー!!」
「すげぇ圧!!」
「王者ァ!!」
「ハコガクーー!!」


”ロードレースの一勝は一夜にして世界をかえる”
そんな言葉がある


100人以上の選手の中での勝利ってのはそれだけで価値がある 
偶然だろうが実力だろうが手にすることで世界はかわる 


まわりの対応や扱いは一変し輝きがかわる 
ましてやインターハイでの一勝だ


彼らは今 
今日つけて走る全てのカラーゼッケンを手にしている 
それは圧倒的な存在感だ!!


我々以上に一緒に走る他の選手には
高く 遠く 大きな存在として
映っているだろう」



そんな箱根学園を離れた場所から見ている総北の3人


小野田
「すごい注目だね 箱根学園 
なんだろう 昨日よりも…」

鳴子
「ああ オーラがちゃうな!! 
あいつら… 
メチャ アガっとる 
あれが有限実行したヤツらの強さや 
獲るもん獲ってメチャまとまっとる!!」

今泉
「やっかいだな… 
ああいう連中はすぐにレースの主導権をにぎる」


小野田が鳴子と今泉を見ると、
2人はニヤと笑い敵意をむき出しにする


今泉
「だからと言って負けねーけどな!!」

鳴子
「ええんちゃうか 
追いかける時の方が燃えるやろ!!」

小野田
「……!! 
うん!! 
今日も走ろう!! 

全力で


小野田も2人を振り返って笑いながらそういうが、
勢いつけて両手を上に掲げた時にカバンの中のものをぶちまけてしまう


転がり落ちたものはたくさんのアニメグッツ

急いで拾い集める小野田


それを見ているのは箱根学園の新開だった

新開
「(なるほどーー 
あれが”山王” 
小野田坂道かーーー

昨年のインターハイで初出場ーーー 
初レースで 最後の山を制した男ーー… 
ついたあだ名は
『山王』--!!


『王』ににつかわしくないビジュアルーー 
バイクに乗ってない時見せる 
全く無警戒な表情)」


転がったアニメグッツを拾いに来た小野田に近づき、
上から声をかける新開


新開
「『山王』のウワサをききつけて会いに行った 
そのことごとくが気づかなかったって逸話 
本当みたいですね


驚いて見上げる小野田


小野田
「(ほうわーーカッコイイ人だ 
何だろう この人)」


そんな小野田を指ピストルで狙い撃ちする新開

新開
「カチャッ ズキュン 
これ 兄貴が使ってた 必ずしとめるって合図 
あ…バキュンだったかな?
ズキュン?どっちでもいいか」

小野田
「え あ そのジャージ… 
箱根学園の人」

新開
「オレの兄貴 新開隼人 隼人くん」

小野田はびっくりして目を丸くする

小野田
「(兄弟ーーー あ!! 
”新開”さん… 
去年4番の人ーー!!)


うわ すごいですね ご兄弟で自転車… 
す すごいですね」


新開
「悠人って言います 一年生です」


アニメグッツを拾って小野田に渡す新開


新開
「オレ 皆には内緒ですけど 
あなたと勝負してみたくって 
このインターハイ出てます


昨日のあなたが山で出れば止めるってオーダーだったんですけど 
残念ながら叶わなかった 
あーーーあ 
興味ないフリするの大変なんですよー

ガードゆるむでしょ今日は 
オレたちが勝ってるから 
今日どこか予定あいてます?
 
しましょう勝負 

さぁ!!答えはyesですか?



ということで【356】につづく。





スポンサーリンク











***感想***

いやあ箱根学園、
登場から黒田さんがかっこいいですね


まさに王者の風格の箱根学園に、
他の選手たちも飲まれちゃいそうですが、
総北の3人は負けてませんね


去年のチャンピオンは総北なんだしね
昨日の勝負もギリギリなんだしね


しかし、小野田くん、
1年生になめられちゃってます


あなたと勝負したくって…とか言ってますけど、
あれ、やったらオレが勝つぜって顔ですよね


小野田くんのぽわわんとしたとこを見て
あんな態度が出ちゃってるんでしょうか?


まだまだだな、新開悠人


本当にすごい人間はオンとオフの切り替えが早いのだよ


いざという時に100%の力が出せるように、
普段はあえて緩めているのだよ!


………とか書いてる私も小野田くんの顔見てたら、
ホントかよって気になっちゃいますが(笑)


あんなこと言わせてないで、
ビシッバシッと勝って欲しいな・・・
と思う筆者であった(笑)



★目次はこちら★


<こちらのブログも読んで頂けると嬉しいです!>

↓   ↓   ↓





★これから季節、熱中症の対策も必要ですね。
こちらのブログも是非お立ち寄り頂けると嬉しいです!
↓   ↓   ↓
★これだけ知っておこう! 熱中症対策ブログ★







スポンサーリンク






nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
外為ジャパンを紹介