SSブログ

弱虫ペダル ネタバレ【365】 [ネタバレ(あらすじ)]

こんにちは。

今回は、弱虫ペダル ネタバレ 【365】 をお送りします。




スポンサーリンク










まずは、前回までのあらすじを振り返りましょう。

インターハイ2日目
周囲に笑われながらも、青八木の言葉を信じてアニソンを歌い
鏑木は集団を突破した
一方、小野田ら総北に箱根学園が迫る・・・


前回を詳しく読みたい方は、弱虫ペダル ネタバレ【364】をどうぞ!


★目次はこちら★



<弱虫ペダルの電子コミックはこちらがオススメ! 立ち読みもカンタンです!>
★弱虫ペダル 電子コミック版★



それでは、弱虫ペダル ネタバレ 【365:アニソン】のスタートです!


青八木が取り出したのは1枚の紙

青八木
「…これだ」

それを見た鏑木の表情が変わる

鏑木
「(か 神様のビンセン!!)

だ… ひ… め… な… の… 何だこれ? 『ヒメなのだ』?」

青八木
「歌詞だ ある歌の」

歌詞が書かれたビンセンを見て、目を丸くする鏑木

鏑木
「え!? 
  ハァ…? 歌詞!? 

てことはこの知らない歌の歌詞の中に
ヒントがかくされてるってことか…きっとそうだ

『真っ白な』?
『フフフン』? 
『大きくなぁれ』? 
「魔法かけても』? 
 魔法!?

『ヒメ』 『ヒメ』 『ヒメ』!? 
ヒメって何すか―――!?」

青八木の方を向く鏑木
 しかし青八木は何も答えない

鏑木
「て!! 青八木にきいてもわかんないか 
何だ ヒメ? 

ヒ…ヒズメ!? 
馬の!? 
馬のように走れ!? 
ヒ…ヒ… ヒルクライム!? 
ちがうか


うっわ 今度の神様からの指令 
難しすぎる 何のヒントがかくされてるんだ 
わっかんね!!


わかんねェ… 

これで本当にこの集団から 抜け出せるのか

鏑木の様子を見ていた青八木が声をかける

青八木
「…… 鏑木 それは歌の歌詞だ」

鏑木
「わかってますよ そりゃあ さっき聞」

青八木
「歌は読むものじゃない 
 歌うものだ

鏑木
「うたっ… 
……… まさか歌う?
…ってことなんすかね… 
このファンシーな歌詞を

どう見ても これ ……… 語尾に『なの』とかついてますよ? 
女の子の歌詞すよ?
これを!?」


青八木
「そうだ そして それは 

昨年の超絶イチオシ美少女アニメ 
『ラブ★ヒメ』のオープニングテーマだ」

鏑木
「何言ってんだ 青八木さ―――ん!!」

青八木
「『ラブ』と『ヒメ』の間には星が入る!!」

鏑木
「どうした青八木ィ!! 
重要なのか それ重要なのか 
暑さで弱ったのか

大丈夫すか かわいそうに… 
てかそんなアニメ観てたんすか青八木」

青八木
「観たことはない 
 だが 歌ったことはある」

鏑木
「(!!)」

青八木
「何度も 
  繰り返し」



******************************
遡って 昨年12月

田所に呼び出された青八木

青八木
「お話とは何でしょうか 田所さん」

田所
「いやまぁ 3年 最後のレースも終わって 
受験勉強もひと段落したんでな

ひとつおまえたちに伝え忘れたことがあったと思ってな」

青八木
「……重要な ことですか」

田所「そうだ しっかり聞け」」

青八木
「(スプリンターである田所さんから
スプリンターを目指すオレへの…!)はい」


田所
「アニソン憶えろ」

思いもよらぬ言葉に頭がついていけず口をパクパクさせる青八木

青八木
「ほへ!?」

田所
「アニソンだ 
ラブヒメとかいうアニメのテーマソングだ 
CDもある

ラブとヒメの間に星が入るんだ 
これは重要らしい

なんでも この星 
オープニングでくるくる回ったり大きくなったり小さくなったりするらしい


小野田に教えてもらったんだ 

この歌 

インターハイ第2ステージのレース中に!!


この歌のおかげでオレは
金城たちのいるチーム総北に戻ることができた!!」


目を見開く青八木

田所
「ロードレースは距離も時間も長い 
その間に予想しないいろいろなことがおこる

はっきり言って全てに対応できる準備なんかできっこねえ 
けど できうる限りはやっておく

そこに勝機につながる1%があるなら 
妥協せず サボらず キッチリ準備しとくんだ

それが一見意味のねえ
『うた憶える』ことであっても だ

まぁ正直この歌を
インターハイで歌うのなんてのは
一日限りだったと思うし

何の役に立つんだと聞かれても
わかんねェとしか答えられねェ 

けど 
この見たこともないアニソンが

今年オレたち総北を 
優勝へ連れてってくれた
ひとつの力になったのは間違いねェんだ」


青八木
「(田所さん……!!)
 …… はい」

*************************************

場面は戻って

いきなり大声で歌いだす青八木

青八木
「ヒ――メ ヒメ ヒメ」

鏑木
「おわっ 急に歌いだした!!」

青八木
「ヒメはヒメなの」

鏑木
「あ 青八木さん」

周りの選手たちも青八木に注目する

「え!?」
「何だ!?」
「歌いだしたぞ1人」
「何だろ プププ」

青八木は構わず歌い続ける

青八木
「ヒメなのだ!! 
(田所さんはこの歌で確かにレースに戻ってきた!!)」

鏑木
「ちょ 恥ずかしいす!! 
青八木さん!! 
集団の中で大声で歌とかありえないす 
みんな見てるし!!」

慌てて青八木をやめさせようとする鏑木

青八木
「ラブリーチャンス 
ぺたんこチャン 
大きくなぁれ 魔法かけても」


鏑木
「やめろ 青八木 
チャンとか魔法とかカッコわるい!!」

真っ赤な顔になっている鏑木

青八木
「今のが一番だ」

鏑木
「!?」

青八木
「憶えたか?」

鏑木
「!? (真剣な目だ)」

青八木
「さっき集団からとびだすために
『何でもやる』と言ったのは ウソか?」

鏑木
「!! やっ」

青八木
「この歌が勝機の1%になるとしても 
歌わないのか」

鏑木
「……… いやいやなんないす 
冷静になってください 青八木さん

歌ですよ 単なる歌 
しかもアニソン 勝機になんて」

青八木
「なるか ならないかはわからない 
だが やる前にわかることなどひとつもない!!」

鏑木
「(集団の中で大声で歌う? 
常識外れだ 
それで集団からぬけだす? ありえない! 
意味がわからない!!

だけど 青八木の目は真剣だ 
やってもいないのに何故わかる――― 
確かにその通りだ


何よりこれは 神様がくれたメモだ!! 
これでマジで これで前進めるつんなら―――)」


鏑木の目が変わる


鏑木
「わかりましたよ!! アニソン一発!! 
オレも男だ!! 

歌いますよ大声で!!」

青八木
「つづけて歌え!! 
集団をぬける 
ギアとケイデンスと歌のリズムをオレに合わせろ」

鏑木
「はい!!」

青八木
「『ヒーメヒメ』はい!!」

鏑木
「ヒ―――メヒメッ……… 
(マジか!! 『ヒメ』って声に出したら相当恥ずかしい!!)」

周りの選手も笑い出す

「歌いだしたぞ総北」
「今度は2人で!!」
「何だレース中だぞアハハ」

青八木
「『ラブリーチャンスぺたんこチャン』はい!!」

鏑木
「ラ… ラブリー…チャンス ぺたん…こ…」

青八木
「ちゃん!!」

鏑木「ちゃん て…」

恥ずかしがって声の出ていない鏑木を振り返る青八木

青八木
「よし じゃあ もう一回 はじめから歌うぞ」

鏑木
「(1回歌うだけじゃないのかよこの歌ぁ!!) 
うえっ はいっ」

周りの選手は2人を見ながら笑っている

鏑木
「(くそ くそ!! かっこわるい!! 
大声で歌!! 超絶恥ずかしすぎる けど

オレは今 
ロードレースをやってる!! 
ロードレースで闘えないことの方が 
もっとかっこわるい!!)

ヒメはァ!!
 ヒメなのォ」

青八木
「『ヒメなのだ』!! 

声が小さい!!」

鏑木
「はい!! 『ヒメなんだ』!!」

集団から飛び出した2人

「総北でたぞ!! 
とびだす気か!!」
「いやムリだ 落ちてくるさ 
すぐに さっきみたいに!!」

鏑木の身体が悲鳴を上げる

青八木
「ねばれ鏑木 今足をとめたら 
また 集団に逆戻りだ!!」

青八木の脳裏に田所の言葉がよみがえる

田所
「こいつを使う時 
重要なのは全部忘れて歌うことだ 

オレにも理屈はわからねェ 
けど その方が確かに前に進めるんだ」


青八木
「鏑木 集中だ!!
 『うしろのことは忘れていい 歌に集中しろ』!!」

鏑木
「(歌の方に!?) 
わかりやしたァ!!

(さっきからメチャクチャな指示だ青八木!! 
けどやってやりますよ!! 
それで前に行けんなら!!)」

鏑木にうなづきかける青八木

2人は大声で掛け合いながら歌う

青八木に合わせてギアを替え、
腰を上げ、歌いながらダンシングに入る2人

青八木と鏑木は集団から離れてスピードを増していく

「行かれたァ―――!!」
「うそォ」「そ 総北ゥ!?」
「なんだ あの ヘンな歌ァ!!」


青八木
「(田所さん…!! 
役に立ちましたよこの歌!!

まってろ純太!! 
こいつを連れて 
必ず 合流する!!)



ということで、【366】につづく




自宅にいながら1日1記事、所要時間15分、
ブログに記事を投稿するだけで稼げるアフィリエイト手法はこちら
   ↓
無料動画講座「弱者の戦略」




***感想***

ラブ★ヒメ、すごい!!

たまたま小野田くんの好きな歌だったのかと思ってたけど

この歌は追い上げのリズムにピッタリだったんですね

歌に集中することで、自然と身体の調子も戻ってきちゃうなんて

この歌、本当にミラクルだ!!

鏑木くんも恥ずかしがってなくてちゃんと大声で歌って偉いぞ!!

このままドンドンいけいけ!!

しかしあの
神様のビンセン、他に何が書いてあるのか、
俄然興味津々になってきました

結構な枚数持ってたよね?

まさか
いろんなアニソンの歌詞が書いてあるとかじゃないよね??



<こちらのブログも読んで頂けると嬉しいです!>

↓   ↓   ↓





★これから季節、熱中症の対策も必要ですね。
こちらのブログも是非お立ち寄り頂けると嬉しいです!
↓   ↓   ↓
★これだけ知っておこう! 熱中症対策ブログ★



スポンサーリンク






nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
外為ジャパンを紹介