SSブログ

弱虫ペダル ネタバレ【371】 [ネタバレ(あらすじ)]

こんにちは。

今回は、弱虫ペダル ネタバレ 【371】をお送りします。




スポンサーリンク










まずは、前回までのあらすじを振り返りましょう。

インターハイ2日目
坂道は先頭の今泉、鳴子との合流に成功
だが落ち着く間もなく、全員を揃えた箱根学園が猛加速で動き出した!
鏑木、青八木は後方に 手嶋もまだ追いつかない 極限の状況に総北は!?



前回を詳しく読みたい方は、弱虫ペダル ネタバレ【370】をどうぞ!



★目次はこちら★



<弱虫ペダルの電子コミックはこちらがオススメ! 立ち読みもカンタンです!>
★弱虫ペダル 電子コミック版★



猛加速する箱根学園!!

先頭に立つ王者が後方集団との差を広げる!!

総北は追いつくことができるか・・・




それでは、弱虫ペダル ネタバレ 【371:追いかける】のスタートです!


金精峠 金精トンネル 
標高1843m

日光市と沼田氏を結ぶ120号線は
ここを境に登りから下りにかわる

1965年に整備されたこのトンネルは
今も観光道路として重要な役割を担っている

コースはこれより栃木県から群馬県に入る


観客
「先頭4人が後続と合流して6人になったって」
「おお」
「いやそのあと少し動きがあったらしいぞ」

「もうすぐだ」
「来るぞ」
「お 先導車チラッと見えた」


観客の中から顔を出す委員長


委員長
「は――― 
去年の富士山といい 
箱根といい 
どうしてロードレースってこんな
山の上でやるのかしら

町中でやってほしいのよね 
移動が大変 電車と応援バスのりついで――」


真波に町の中のレースは活躍しないから
と言われた委員長は、
わざわざ日光の山の上までやってきたのだった


委員長
「遅刻ばっかりでプリントもやんないで 
自転車ばっかり乗って

それもインターハイまでだって言うから 
ぐっとこらえてきたのよ

これで活躍できてなかったら 
ホント しばらく自転車禁止なんだから

(だけど… 山の上って景色よくって 
たしかに気持ちいいわね…さんがくもこういう)」


そこに先頭集団がやってくる

観客
「先頭は箱根学園13番 
エースクライマー 
真波山岳!!
引いて」

「2年生クライマー真波がチームを引いて登ってきてる!!」
「箱根学園はもうメンバー全員合流してる!!」

「ハコガクゥ――!!」
「ガンバレ」
「いっけぇ」

あたふたする委員長

委員長
「(きた きた きた きた ちょっ…)
本当に活躍してるじゃないの

(去年はオニギリ渡せなかったから 
反省を生かしてポカリスの炭酸) 
あれ!?」


カバンからペットボトルを出そうとするも
取れずに焦る委員長

勢いあまってカバンの中の物を放り出してしまう

急いで拾おうとするが、
ハッと気づく

委員長
「(拾ってる場合じゃない 
せっかくここまで来たんだから 
せめて声だけでもかけないと)

さんがく がんば…… 
(でもダメ 間に合わない)


真波
「これ オレに? 
  委員長ありがとう」


真波は通り過ぎる時に
委員長の手からペットボトルを受け取っていく


一瞬のことでびっくりして
声も出ない委員長


受け取ったペットボトルを背中にねじこんで、
少し振り返り笑う真波

真波
「遠かった?」

観客の声援を受け遠くなっていく
箱根学園の隊列を見送る委員長

委員長
「……… さん… がく… 
……渡せちゃった


その頃、
総北の小野田たちはまだ
手嶋の合流を待っていた


観客
「箱根学園に先行を許したぞ総北!!」
「ギリギリまで速度 
   落として5番を待ってる!!」


「峠までもう少しってところで」
「ハコガクとの差はどんどんついてるぞ」
「合流してから追いかけるって作戦か」

「いそげ5番!!」


後ろを振り返り、
今か今かと待っている3人


小野田
「手嶋さん!! 
   は 早く!!」


今泉
「(早く来てくれ 手嶋さん!!
   箱根学園との差が!!  

キョリが…!!

くそ!! 長い!! 
待ってる時間ってこんなに長いのか)」

焦ったような鳴子が叫ぶ

鳴子
「スカシィ!!」

今泉
「(追いかけるなら人数が欲しい!! 
だから待つんだ!!) 
落ちつけ鳴子 
今は待つ!!


鳴子
「ロードレースは 
一瞬の判断がすべてを分けるんや 

敵の動きに反応するか 
せんか その瞬間の判断で 
勝ち負けが決まるんや!!

間違ったら終わりや!! 
おまえ知っとるやろ!!


たしかにスタート前のミーティングでは 
スカシ おまえの指示に合わす言うたけど

わかるやろ!! 
『今がその瞬間』や!!


ハコガクが揃って加速して 
完全にヤツらの勝ちパターンや!!

ここはこっちも動かんといかんところや 
手嶋さんを置いてでも!!」


鳴子に強く言われ、
それでも行くとは言い切れない今泉

その今泉を振り切るように、
鳴子は小野田に声をかける

鳴子
いくで… いくで小野田くん!! 
2人で回せば 今なら 箱根学園に追いつける!!」

出ようとする鳴子の背中に
声を声を張り上げる今泉

今泉
ダメだ鳴子!! 
総北は4人揃ってから加速する!! 
これは命令だ 止まれ鳴子!!

鳴子
「アホかスカシ…… 
ロードレースは先にゴールライン割ったヤツの勝ち…

最有力のチームが走っとるんや 
そんなら動くのが道義やろ

ワイはな スカシ 
もう負けるわけにはいかんねん

振り返った鳴子の表情に、
決意を感じ言葉を失う今泉と小野田

手嶋はまだ追いつかない

御堂筋もまだ動かない

鳴子
「勝つ時も派手 
散る時も派手 

浪速の派手男 
それが鳴子章吉やから」

前へ向き直る鳴子

今泉
「ま」

鳴子
「ああ小野田くん …………………」


1人で飛び出す鳴子

あっという間に背中が遠くなる

今泉
「くそ!! 
鳴子とびだした!! 
勝手なヤツだ!!

小野田
「鳴子くん… 最後言ってた… 
オーダーに背くのは1人でいいって 
ボクはまきこまないって

…… 鳴子くん… 
そう言った気がする」

今泉
「カッコつけやがって……
勝手だ……… 
  鳴子!!


観客
「次に峠を上がってきたのは 
総北の赤い男!! 
3番 鳴子だ!!
「単独で!?」
「総北は揃えないのか!?」

「追ってるのか 単独で!!」


鳴子
「(すまんな スカシ 
小野田くん 手嶋さん!! 

せやけど今 だれか行かんと 
もしか するんや…!!

そんなんなったらワイは…!! 
寝るに寝れんやろ!! 
よっしゃ 峠こえた あとは下りや!!

追いついたる!! 
箱根学園 1対6やけど 見せたるわ 
ワイの 
意地のスーパーダウンヒルを!!)」

その時鳴子の横に、御堂筋が並ぶ

観客
「今 京伏も来たぞ!!」
「エースナンバー ゼッケン
111!! 御堂筋!!

御堂筋
「ナイスタイミングやったね ナルゥコ」

鳴子
「何やねん御堂筋 
おまえも このタイミングか 
追うんか ハコガクを」

御堂筋
「追いつくギリッギリのタイミングで 
出たね ナァルコ 
ププ プ さすがや………

ハコガクゥはすぐに追いかけるとスピードを増す 

せやから少し先行させて 
油断して速度ゆるめるまでボクゥは待っとった」

鳴子
「ほんで 
単独で追い始めた―――――と」

御堂筋
「あ―――… いや… うー」

鳴子
「!!」

御堂筋
「ボクゥが…」

鳴子
(―――オイ!! まさか)

御堂筋
「そんな 総北みたいなムボーなこと 
すると思うん? 
来とるよ… モォチロォン

すぐ そこまで… 
小鞠クゥンと ボクのザクゥは 

全員


ということで【372】につづく


自宅にいながら1日1記事、所要時間15分、
ブログに記事を投稿するだけで稼げるアフィリエイト手法はこちら
   ↓
無料動画講座「弱者の戦略」







スポンサーリンク












***感想***

委員長、ペットボトル渡せてよかったね!!

去年は「今委員長の声聴こえたような」程度だったもんね

真波くんが先頭だから観客が見えたのかな? 
いやいやこれは愛の力かな?


そして御堂筋!!

計算してタイミングを見計らって追いかけ始めたんですね


相変わらずいろいろと計算してるなあ

しかももう他のメンバーがすくそこに!? 
そこまで計算の内なのか

だとしたら総北、
かなりピンチなのでは?

1人で飛び出した鳴子、手嶋さんとも合流できていない小野田と今泉、
先頭に到達できていない青八木と鏑木

箱根学園も京伏も全員揃ってドンドン攻めてるのに、
総北は全員合流できるのかも怪しい

手嶋さんを置いて、
3人でも追いかけたほうがよかったのかなあ?

そうだったら今泉くんの判断ミスってことだよね

順当に考えて来年の部長は今泉くんなんだろうと思うし、
これが判断ミスだったら来年まで引きずりそうだなあ

今年の2日目は散々な状態で終わるんでしょうか?

嫌だなー

頑張ってくれよー総北!!


★目次はこちら★


★最近の記事はこちら★


弱虫ペダル ネタバレ【370】

弱虫ペダル ネタバレ【369】

弱虫ペダル ネタバレ【368】

弱虫ペダル ネタバレ【367】 

弱虫ペダル ネタバレ【366】 






スポンサーリンク






nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
外為ジャパンを紹介