SSブログ

弱虫ペダル ネタバレ【411】 [ネタバレ(あらすじ)]

【お詫び】

おはようございます。
昨日記事更新のミスで
弱虫ペダル ネタバレ 【411】を削除してしまいました。。。
大変申し訳ございません。
下記に暫定復旧版を掲示させていただきます。




弱虫ペダル ネタバレ 【412】

こんにちは。

お盆休みに入った方もいらっしゃると思います。

さて、今日は8月11日(木)です。
弱虫ペダル ネタバレ 
【412】をお送りしたいところですが、

少年チャンピオンも今日は休刊日でおやすみです。

次回は8月18日(木)です。

次回もどうぞよろしくお願いいたします。



弱虫ペダル ネタバレ 【411】

※暫定復旧版


~あらすじ~

インターハイ2日目、ゴール目前

全ては勝利のため、何もかもを捨てて前に進む京伏・御堂筋の胸中に、

あの夏の日の記憶が…!?



弱虫ペダル ネタバレ 【411】 ~夏の日~


過去の回想

母の病室で、身振り手振りを交えて一生懸命に話す御堂筋少年

御堂筋少年
「メッチャおったんや その川のまわりに
あちこち光りよって ファーって ついたり消えたりして
ここ もってきて見せよ思うて 捕まえたんやけど こやって
ボク 1人で あれや… その けど え―――…
強くにぎりすぎて…… つ… つぶれてしもうた」

御堂筋少年の頬に手を添える母

御堂筋母
「翔はホンマに 上手に説明するなぁ
あんまり上手やから 母さん その場におるみたいに思えたよ
身振り手振りで音まで交えて そのホタルさんは残念やったけど
情景 浮かんできたよ? 翔のおかげで見えたよ ホタル」

御堂筋少年
「(ボクのおかげで…)
い いや アカン ホンモノはもっとキレイなんや
連れてったるよボクが 懐中電灯もって…
道もおぼえたで道案内して 危ないからボクが手 引いて
ユキちゃんのお母さん もう今年はホタルの季節終わった
いうとったから 来年!!」

御堂筋少年をギュッと抱きしめる母

御堂筋母
「そやな ありがとう翔 楽しみに…しとるよ」



御堂筋
「(その夏の記憶は鮮明に憶えとる
消毒液のにおい 少し冷やりとすずしい建物
病院はボクにとってオアシスやった
幸せな時間 ふわってした気持ち
色でたとえると そう 黄色い色)」



過去の回想

病院から夜道を自転車で帰る御堂筋少年

にやける顔を引き締める

御堂筋母
「ホタルの上手なつかみ方 いうのがあるんよ
こうやってな」

母の会話を思い出し、頬に添えられた手を思い出して
またにやける御堂筋少年

御堂筋少年
「………!!」


その頃病室の母は、激しく咳き込み、背中を看護師に
さすってもらっていた

看護師
「御堂筋さん!」

御堂筋母
「は――― は――― もう大丈夫や ありがとう
時々 咳がとまらなくなるんよね……」

看護師
「夏休みに入って毎日来てますね 翔くん
けっこう遠くから自転車で来よるんでしょ? すごいですね
競技用の自転車なんでしょう あれ カッコイイですね
すっごい練習しとるんや―――て いうてましたよ
自慢の息子さんですねー」

御堂筋母
「……… がんばり屋やから あの子は昔から」

看護師
「そんな感じです」

御堂筋母
「不器用なとこ…あるけど まっすぐなんよ
せやから本当は 私がついといてあげたいんやけど」

看護師
「…じゃ! がんばって御堂筋さん もっと体強くしましょう」

御堂筋母
「きっと 私がいないことで 無理しとるとこあると思うんや…
一生懸命 やせがまんしとる
学校の授業参観のプリントも もう持って来なくなった」

看護師
「一時退院できるか先生と調整してみましょうか
今度都合翔くんにもきいてみて!」

御堂筋母
「そやな… 
本当はがんばっとる姿をすごく私に見せたいんやと思うんや…
歯をくいしばっとる姿を
私 想像するんよ あの子が この先大きくなって
中学生になって… 高校にも上がって
あのカッコイイ自転車に乗って 
力いっぱい前に前にってがんばっとるとこ
すごいスピードで走って まっすぐに走って
皆を追いぬいて… 一番になってるとこ
私 それ見たら 涙 止まらなくなるんやろな…って」

看護師
「きっと やってくれますよ 翔くんなら!
楽しみですね そのためにも病気 早く治さないとですね」

御堂筋母
「……… そやね
頑張るわ私……… 大丈夫や そうやって翔の成長を想像してるだけで
元気 でてくるから」


木々から全ての歯が落ちてしまった頃

御堂筋母のいた病室は、無人で、きれいに整えられてしまっている

その病室の窓を見上げている御堂筋少年

看護師たち
「また来とるよあの子 ホラ 入口の」
「あら―――」
「302号室のとこの」
「ああ 息子くん?」
「もう …… ここにはおらんのにね」

御堂筋少年
「(見せる約束したのに… ホタル 来年
今度 レース見に来る言うてたのに…
何で 窓から顔 出さんのやろ
ボクが来とるのに迎えに来んのやろ
今日はおらんのか…)」

看護師たち
「声 かけてくる?」
「それも… あれやしな… ショックなんよ きっと
大丈夫やよ 15分くらいたつと いつも自転車乗って帰るから」

御堂筋少年
「………… まぁええか」

自転車にまたがり、病院を離れる御堂筋少年

御堂筋少年
「(何でやの 何で病院の帰り道やのに きもちよくないんやろ
あたたかくて フワッとした気持ちにならんのやろ
よう わからんなぁ… けど)」

母の「何があっても前 進むんやで」という言葉を思い出す御堂筋少年

御堂筋少年
「(『進む』よ? ボクは前に 何があっても!!)」

御堂筋母
「ホタルの上手なつかみ方いうのがあるんやよ?
こうやってな つぶさんように やさしくやさしくや
何でもそうやよ 翔 大切なものはそっとつかむんやよ」



場面は戻ってゴール前

今泉に追いつこうとする御堂筋

観客
「京伏 追い上げる!!」
「すげぇ」
「執念!!」
「何だよ あのフォーム!!」

御堂筋
「(勝利の玉 ころがる玉 今後は逃がさへんよ?
忘れとったわ… つかむのは両手でや…
力いっぱい握る… けど…
決して壊さんように”そっと”!! や!!
大切なものやから!!
走るよ?ボクは 勝利のために!!)」

アナウンス
「京伏 先行する総北に 追いついた!!」



**感想***

やっぱり御堂筋の過去回でした

大事なものはしっかり、でも優しくそっと包み込むように

握らなければならないと母に教えてもらっていた御堂筋

ここでそのことを思い出しました


そして! 今泉くんに追いついちゃったよ!!

残りは50mでしょうか?

追いついたスピードから考えると御堂筋の方が速いわけだから

御堂筋がゴールってことか???

1日目の鳴子くんといい、2日目もゴールで競り負けてしまうのか総北!?

2日連続でそれだとキツイなー!!

今年の総北は「ゴールギリギリで負けてしまう」という運命なのでしょうか?


まぁ、そういう展開もなきにしもあらず

3日目の総合優勝はきっと箱根学園だろうし、ここいらへんで京伏にも勝たせて

おいてあげないと的な?

去年いきなり優勝をかっさらった総北だけど、そう毎年毎年連続で勝てるわけはない

ここで今年はゴールで競り負けるという試練をバネに、来年は優勝するわけですね?


ということできっと次回は、リミッターのはずれた今泉くんだけど、ギリギリで

負けましたの回ですね

小野田くんたち2年生がその悔しさを糧に、来年頼もしい3年生になると!

で、来年総北は総合優勝すると! これで決まりですね




スポンサーリンク






nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
外為ジャパンを紹介