SSブログ

弱虫ペダル ネタバレ【425】 [ネタバレ(あらすじ)]

みなさま、こんにちは。

今日は各地で雪が降ったようですね。
私の地域では11月としてはなんと54年ぶりだそうです。
明日にかけて路面凍結がありそうですから
自転車はもちろん、徒歩でも十分注意してくださいね。


さて、今回は
弱虫ペダル ネタバレ【425】を
お送りします


まずはあらすじからです!





スポンサーリンク










インターハイ最終日の朝
ゴールに懸ける想いを強く確かめ、スタートラインに並び立つ坂道ら総北!!
各チームが揃い、いよいよレースが開幕する…!!


前回を詳しく読みたい方は弱虫ペダル ネタバレ【424】をどうぞ!


★目次はこちら★



<弱虫ペダルの電子コミックはこちらがオススメ! 立ち読みもカンタンです!>
★弱虫ペダル 電子コミック版★


積んで走って
想いを乗せて、
栄光を目指し、
インターハイ最終日、開幕!!!


それでは、弱虫ペダル ネタバレ
 【425:最終日、スタート】のスタートです!!


小野田
「(このスタートラインをこえたら インターハイ最後の1日が始まる)」

スタートのピストルが鳴る

アナウンス
「インターハイ3日目 最終日 スタートです」

御堂筋、今泉、新開がスタートしていく

観客の歓声が上がる

観客
「いっけ――ッ」

「京伏―――っ」
「ハコガクー」
「総北ゥ―――」

「負けんなよ―――」
「ガンバレよ―――」

アナウンス
「次々と選手がスタートしていきます!!」

観客のうしろから自転車が近づく

真波
「あっれ 
もう スタートしてる 

いっけね こりゃあ

完全に遅刻だね」

観客の人垣のうしろで委員長が叫んでいる

委員長
「ちょっ… 
ちょ あの ひゃっ あっ 

も~なんて人の多さなの 自転車のレース… 

せっかく泊まって バスのりついで… 
最後のスタートだっていうから見にきたのに

あっ もう コースが…
 
山岳がスタートするとこ見られないじゃない」

その委員長にうしろから声をかける真波

真波
「やぁ おはよう 委員長」

冷静に返事を返しそうになる委員長

委員長
「はい おは」

真波
「スタート見にきたの?」

委員長
「はにわにゃ!? 

なっ あっ 何でここいるのさんがく!!
観客側に…」

真波
「いやぁ 遅刻しちゃってさ」

委員長
「ちこっ… あっちでしょ 
あんたがいるのはコース!! コースよ」

焦ってぱたぱたする委員長とは対照的にのんびりしている真波

真波
「委員長ってレースのスタート見るのはじめて? 
緊張感すごいでしょ?」

委員長
「いいから早くいきなさい!!」

真波
「だね! じゃあさ わるいけど 
これ委員長 あずかっといてよ」

背中に背負っていたリュックを渡す真波

委員長
「え」

真波
「オレ ちょっと 
インターハイ 走ってくるから!」

真波は気合の入った顔に一瞬で変化し、
自転車に跨り去っていく

あっけに取られた顔でそれを見送る委員長

委員長
「……… (…あ すごい… 一瞬でさんがく…
学校でいつも寝ぼけてるカオから… 闘う顔になった…)

あ おにぎり もってきてたんだった… 
今のタイミング渡せた~!」



アナウンス
「続いて 昨日 第2ステージ4位 葦木場選手スタートです」

葦木場が出ていく

アナウンス
「続いて5位6位 京都伏見 水田選手 
総北 小野田選手です」

観客
「京伏ぃ――!!」
「今日もガンバレよ」

水田
「オレが京伏キャプテン水田信行や!」

観客に手をあげて答える水田

小野田は気合の入った顔で振り返り、鳴子に言う

小野田
「先にいくね」

鳴子
「おう!! 
先頭はスカシや 

ワイらより小野田くんが先にスタートする

早めにスカシに合流したれ
 
あいつだけ合流できんとさみしゅうて
泣いてまうかもわからんからな」

小野田
「うん わかった 鳴子くん!! 
お願い!!」

拳を鳴子に向かって突き出す

鳴子はその拳に自分の拳をぶつける

鳴子
「小野田くん!! 

ワイの根性も積んでいけ!! 根性注入や!!

スカシのこともたのんだで!!」

小野田
「うん!! ありがとう!!」

肩をガシと掴む手嶋

手嶋
「頼むぞ小野田」

小野田
「はい」

青八木
「すぐに追いつく 待ってろ」

鏑木
「小野田さん気合です!!」

審判の手が上がる

鳴子
「いけぇ!!」

小野田
「はい!!」

とびだす小野田

アナウンス
「水田選手 小野田選手 スタートです」





小野田
「(スタートラインをこえた 
レースが始まった 3日目最終日が!!

この道をたどっていった先にある 
ゴールに向かって

ドキドキする 前に進む力はこの体と足だけ

無事にたどりつけるという保証もない 
だから 全力で 精一杯走ろう!!)」

その時、観客席側を反対方向に進む自転車とすれ違う

気付いて横を向く小野田

小野田
「(―――――あ) 真波くん!!」

腕をあげて小野田にこたえる真波

真波
「あとで追いつくよ! 
コースの上でまた会おうよ!! 

坂道くん!!」

小野田
「よかった! 
姿見えなくてちょっと心配してたんだ 真波くん!!

ト… トイレ!?」

真波
「んにゃ 寝ぼう!!」



スタート地点に頭を下げながら入っていく真波

真波
「すいませーん」

銅橋
「何やってんだ 真波 ブルァ!!」

泉田
「着順スタートでよかったな真波」

黒田
「並べよ ハラハラさせんな 集中力は上げてきたかよ」

真波
「ええ!! そりゃあ」

黒田
「ハッ 上等だ」

泉田
「いくぞ 箱根学園」

銅橋
「ブハァ」

真波
「いきましょう!!」

泉田
「王者奪還に向けて最後の一歩目だ!!」

箱根学園がスタートする

アナウンス
「第2集団 順次スタートです!!」

手嶋
「いくぞ総北!!」

鳴子
「さぁてハコガクさんや スカシにばっか目立ってもろうても困る

ワイも ワイらも派手にいきまっせ!! 
最終日!!」

鏑木
「く――っ ついに始まった!! 
インハイ最終日!!

オレの活躍のステージが!! 
いつでもとびだしますんで言ってくださいよォ!!」

青八木
「…………とびだすなよ!!」

鏑木
「はいっ ほるああ」

言ったそばからとびだそうとする鏑木を
青八木がユニフォームを
攫んで止める

鏑木
「え 何ですか 今 とびだせって!!」

青八木
「『な』だ とびだす『な』 否定の『な』だ」

鏑木
「なぁーんだ 『な』か―――」

鳴子
「(バカだ…)」



先頭集団は御堂筋を先頭に、
今泉、新開の順で走っている

御堂筋
「モラッ モラッ モラァ!!」

観客
「きたぞ先頭!!『モラ』って言ってる」

「モラ―ッ」
「昨日優勝した京伏だァ!! 
型破りな表彰式最高だったぞ――」

「京伏 御堂筋!! 前日 優勝者の証 
イエローゼッケンをつけてる!!」

「ガンバレ京伏!!」

「総北とハコガクが続く」
「応援してるぞ―――」
「京都ぉ―――っ」

今泉
「(御堂筋…!! く…!! 
昨日の優勝とパフォーマンスで

観客を味方につけてる…!! 
昨日までの空気をがっつり変えやがった!! 
こっちはやりづらい!!)」

観客
「今日もパフォーマンス見せてくれよぉ」
「今日も獲れよ!!」
「楽しみにしてるぞ」
「京伏ぃ――――――!!」

今泉
「(今日のコースは 昨日入ってきた道を少し戻って 
湖沿いの平坦を進む

長くはないが それなりに距離はある

この湖沿いの平坦で何とか合流できれば 
こっちの展開としては楽になる!!

うしろにいるのは小野田…!! 頼むぜ…!! 
早めに来てくれよ小野田!!)」

その時うしろから歓声が聞こえる

今泉
「(後ろから歓声!! 来てる!! 
追走!! 小野田か!!)」
期待して振り向く今泉

すぐにそれは落胆に変わる

今泉
「……!! ハ… だよな… 
いや… わかっちゃいたけどな

昨日の順位通りだ… 早くも… 
(ピンチかよ 

箱根学園が揃った!!)」

葦木場
「追いついたよ悠人」

新開
「早いっすね葦木場さん!!」

今泉
「(3年エース葦木場さん!! 1年新開悠人!!

くそ…!! どいつもこいつも…!! 
いつ動く!!箱根学園!!

すぐか…!! だったらヤバイ!!

昨日の結果が こんな状況を作り出すとは…!! 
今 箱根学園は

『先頭に ゴールを狙えるエース級が 2人いる』!!)」

葦木場
「どうだ調子は?」

新開
「悪くないっすよ」

今泉
「(まだか!! 早く来てくれ 
小野田!!)」



水田と小野田は湖越しに先頭集団が見える位置を走っている

小野田
「見えた!! 今泉くん!!」

観客
「追走 2人来た」
「ガンバレー」

小野田
「(まだ けっこう距離がある!!)」

小野田はハンドルを持つ手に力を込める

小野田
「でも いく!! まってて今泉くん!!
(それがボクの役割だから!!) あああああ」

ぐるぐるとケイデンスを上げる小野田

水田
「おお!! 何やこいつ 
先頭が見えた途端勢いづきよった!!」

小野田
「あああああ」

とびだす小野田

水田
「おおお 速っや!! 
何やのこいつ―――!!」

驚いたような反応をした水田だが、
すぐに不敵な笑いを浮かべる

水田
「てな? 
それっぽっちか1番……!! 
早速いこか…

フェイズ82発動や!!」


-----------------------------------------------------------------------------


★あなたもブログを書いてお小遣いを稼いでみませんか?★

   ↓ ↓ ↓



-----------------------------------------------------------------------------


**感想***

真波くん リアルに遅刻するな――!!!

本当に普通に遅刻してるし、それを待ってる根学園の人たちも焦ってないし

度胸ありすぎでしょ!! 王者だから? 

すれ違いざまに一瞬で気づく小野田くんもいいね

小野田くん、お母さんが来てた時は気づいてなかったのに(笑)

そこは小野田くんと真波くんの絆かな


今泉くんがまたちょっとメンタル弱くなってましたねー

まあプレッシャーがすごいのは分かるけど

負けてるんじゃないぞ今泉! そんなことだから競り負けちゃうんだ!


水田くんも単純バカではなかったということなんですかね

なに?フェイズ82って?

御堂筋にキッチリと何かをたたき込まれてるのかな?

2日目のゴールで小野田くんを抜いた時もちょっと性格悪い?と思ったけど

この人も実は御堂筋と同じ陰険クンなんですかね?

広島程ではないにしても、なにか嫌なコトしかけてきそうな予感


結局正攻法で王道で綺麗な精神論な今年の総北は、いろいろなことが積み重なって

負けちゃうってことなのかもなー

ちょっとふてぶてしいくらいの精神力が欲しいってことなのかも

まだ始まったばかりなのにこんなこと思っちゃうのも悲しいですが



今回はこれでおしまいです。


最後までお読みいただき、
ありがとうございました。

次回もどうぞよろしくお願いいたします。


★目次はこちら★


★最近の記事はこちら★

弱虫ペダル ネタバレ【424】

弱虫ペダル ネタバレ【423】

弱虫ペダル ネタバレ【422】

弱虫ペダル ネタバレ【421】 

弱虫ペダル ネタバレ【420】

弱虫ペダル ネタバレ【419】



スポンサーリンク






nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
外為ジャパンを紹介