SSブログ

弱虫ペダル ネタバレ【452】 [ネタバレ(あらすじ)]

みなさま、こんにちは。

昨日は全国的に嵐のような天気でしたが皆様の地域では大丈夫でしたでしょうか。
まだ梅雨は続きますので、どうぞ気をつけてください。


さて、今回は
弱虫ペダル ネタバレ【452】をお送りします


まずはあらすじからです!





スポンサーリンク










インターハイ最終日、
手嶋と青八木の2人が合流して、6人全員揃ったチーム総北!!
総北・青八木が箱根学園に大きく広げられた差を埋めるため、全ての力を出し切る”全開以上の走り”でチームを引く
そして最後の想いを託し、チームを離脱した!!


★目次はこちら★


前回を詳しく読みたい方は弱虫ペダル ネタバレ【451】をどうぞ!


<弱虫ペダルの電子コミックはこちらがオススメ! 立ち読みもカンタンです!>



青八木さんが身を挺して捉えた
強敵・箱根学園・・・!!


それでは、弱虫ペダル ネタバレ
 【452:託した想い】のスタートです!!


鏑木
「箱根学園… 青八木さんがチーム離脱してまでつかまえて
くれた箱根学園…!!

絶対離されねェ!! 追いかけてやるよ 地の果てまで!!
だから!! あえて!! もう一度言う!!

今!! 箱根学園に追いつきましたァ!!」

箱根学園に並ぶ総北

総北の面々は気迫のこもった表情をしている

迎える箱根学園のメンバーも驚いてはいない

泉田
「大したものだ よく追いついた 素直に褒めよう
登りが始まる前のこの区間で!!

山の入口までのこり3.3km

そこに到達する前にボクらをつかまえなければ
キミたちの可能性は限りなくゼロに近づいていたのだから

険しく細い長い登りに きっと バラバラになって!!
冷静で的確な判断だったと言っていい

1人チームメイトを削ってまで―――――
今 ボクらに追いついたことは」

鏑木
「冷静とかいうな 
カードや駒みたいに
物を切り捨てた
みたいに言うな!!

青八木さんは強えんだ!! 誰よりも
そして速くて優しいんだ!!」

泉田
「目立ってはいなかったようだが?」

鏑木
「知らねェのかよ 
そこが青八木さんのカッコイイところだ!!」



その頃、離脱した青八木はまだ自転車の上にいた

ペダルを漕がず、走らせるままにしていた青八木だが
フラフラとし始める

青八木
「(たのん…だ…ぞ 鳴子… 今泉 小野田… 鏑木…
もう 走る力も 立つ力も 残ってない)」

路肩の草むらに自転車ごと倒れる青八木

青八木
「…………… (車輪が… 止まってる……
3日目… よくここまで走ってこれた
終わった…… オレのインターハイ 終わったんだな…)」

車輪越しに夏の空を見る青八木

青八木
「……… (ありがとう 純太―――――)」


div style="text-align:center;">


合流するために2人で走っていた時のことを回想する青八木

手嶋
「え ”温存はするな”………!?」

頷く青八木

青八木
「この先 チームと合流できて 箱根学園と闘う もしくは
ヤツらを追うという状況になっても ―――――オレを
温存はするな ためらいなく使え

手嶋
「……… けど けどたった今広島と闘って ムチャな
スプリントして 今でもオレを引いて… そのヒザで――…
おまえはもう おまえはもう十分に走った!!
これ以上やったらリ―――… …いや」

青八木
「リタイアする 覚悟はできてる

青八木の言葉に愕然とする手嶋

青八木
「おまえは優しいからきっと オレを休ませる
恩を感じて これ以上 オレを 自分の命令で酷使する
わけにはいかないと思う
けど レースだ これは」

手嶋
「(青八木… 笑って…)」

青八木
「優しさはしまっておけ おまえはキャプテンだ
おまえが迷えば チームが迷う
ためらうな純太 その方がオレも 最後 心おきなく
ありがとうと言える」

そして手嶋は青八木の言う通り、箱根学園に追いつけと
いうオーダーを青八木に課したのだった



青八木
「(純太… おかげでオレは最後まで走れたよ…
ありがとう)」



歯を食いしばり、前を向く手嶋

手嶋
「(青八木!!)」

小野田
「(青八木さん!!)」

今泉
「(青八木さん!! 強い人だ あなたは!!)」

振り向こうとする鳴子

鳴子
「青八木さん!!」

それを止める手嶋

手嶋
ふり向くな 鳴子 レース中だ オレたちは託された!! 
託した者の願いは 前へ進むことだ
オレたちが見なきゃなんないのは 前だ!! 敵だ!!
この先のゴールだ!!」

鳴子
「(手嶋さん ホンマは――― 一番ふり向きたいんは――!!)
はい!!」

前を向く鳴子


泉田の右腕が伸びる

泉田
「出ろ 
銅橋!!」

銅橋
「このタイミングってことは 『そういうこと』なんだな
泉田さん ブハッ」

泉田
「…ああ!! そうだ!! 引け 『限界まで』
ヤツらを引きちぎれ!!」

銅橋
「了解だ!! 泉田さん!!」

鏑木がすぐに反応する

鏑木
「させるかぁ!!」



青八木
「まっすぐに 進め 鏑木」


-----------------------------------------------------------------------------


★あなたもブログを書いてお小遣いを稼いでみませんか?★

   ↓ ↓ ↓



-----------------------------------------------------------------------------



**感想***

青八木さんからの指示だったのかー

リタイアする覚悟なのを、手嶋さんが感じ取って、あえて

オーダーを課したのかと思っていましたよ

以心伝心って感じで

でもある意味以心伝心なのか? だって手嶋さんは言われないと

青八木さん温存しちゃうところだったもんね

それまで見越して青八木さんが先手を打ったことか


で、今度は箱根学園の銅橋くんがリタイア覚悟で引けと

銅橋くんはスプリンターなんだから、のこり3.3kmで

使い捨てるつもりってことだよね

対する総北は鏑木くんってことかな?

鳴子くんはオールラウンダーに転向してるんだから、最後の

エース今泉の発射台になるってことだよね

山での戦いは手嶋さんが引いて小野田くんがメインってことだろうし

としたら、ここでリタイア覚悟で銅橋くんと闘うのは鏑木くんしか

いないってことだし


しかし、やっぱりいませんねー京伏

どこ行ったんだ?御堂筋??


今回はこれでおしまいです。


最後までお読みいただき、
ありがとうございました。

次回もどうぞよろしくお願いいたします。


★目次はこちら★


★最近の記事はこちら★

弱虫ペダル ネタバレ【451】

弱虫ペダル ネタバレ【450】

弱虫ペダル ネタバレ【449】

弱虫ペダル ネタバレ【448】

弱虫ペダル ネタバレ【447】

弱虫ペダル ネタバレ【446】



スポンサーリンク






nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
外為ジャパンを紹介