SSブログ

弱虫ペダル ネタバレ【458】 [ネタバレ(あらすじ)]

みなさま、こんにちは。

夏真っ盛り! と思ったらいきなり台風がww
みなさんのところは大丈夫ですか。
自転車乗ってる人は天候に気をつけて楽しみましょう♪


さて、今回は
弱虫ペダル ネタバレ【458】をお送りします


まずはあらすじからです!





スポンサーリンク










インターハイ最終日、
総北・鏑木と箱根学園・銅橋が決死の覚悟で
チームを引き、山のふもとまでクライマーを送り届けた!!
そして、闘いは最終山岳ステージへ…!!


★目次はこちら★


前回を詳しく読みたい方は弱虫ペダル ネタバレ【457】をどうぞ!


<弱虫ペダルの電子コミックはこちらがオススメ! 立ち読みもカンタンです!>




一斉に飛び出したクライマー!!
栄光の頂上を獲るのは、誰だ!!




それでは、弱虫ペダル ネタバレ
 【458:駆け上がるクライマー】のスタートです!!


観客
「上がってきたぞ」
「いよいよ登りに入る!!」
「各チームのクライマーだ!!」

小野田を先頭に登っていく総北

観客
「総北!! 4人!!」
「小野田先頭」

「昨年1年生にして最後の山のゴールを制した
小さなクライマー!! 山王!! 小野田坂道!!」

「1日目山岳で魅せた伏兵手嶋純太も続く!!」
「2年生エース 今泉俊輔!!」
「赤い派手男 鳴子章吉!!」

「今泉くーん がんばってー」
「すげぇ総北 万全!!」
「これだけ揃ってりゃ今年も!!」

「ああ!!獲れるんじゃないのか総合優勝!!」
「いや…!! 見ろよ そのうしろから 来てる
神奈川勢のメンバー… 箱根学園を!!」

「山の司令塔 3年 黒田雪成!!」
「1日目ゴールスプリントで優勝をもぎとった
3年 長身のエース 葦木場拓斗!!」

「昨年のファイナリスト 2年 箱根学園
山のエースナンバー”3” 真波山岳!!」

「1年生 クライマー 山頂のスズメバチ
”直線鬼”の弟 新開悠人!!」

箱根学園は新開を先頭に登っていく

新開
「うおおお」

千葉の応援をしている観客
「ヤベェ すげぇ圧…」
「か… 勝てる気がしねェ…」

「オーラがハンパない…」
「ヤバい…」
「せめてギリギリまでねばってくれ!! 総北!!」



箱根学園が総北に並ぶ

小野田
「(新開くん………!!)」

補給食を咥え、涼しい顔をしている新開

新開
「ここからは急なつづらおりがつづいて 
標高をあげていきます
正面に山が見えますね あれ何山なんでしょうね」

小野田
「………!!」

新開
「知ってました? このルート 有名な温泉地に向かう
古い登りらしいですよ」

新開の出方を伺う小野田

新開
「温泉は好きですかぁ?」

新開の作戦に気づいて注意を促そうとする手嶋

手嶋
「! 気をつけろ 小野田 ヤツらこっちの」

手嶋の言葉より早く、小野田にピッタリと横づけする新開

新開
「答えはyesですか!?」

小野田
「(近い!!)」

今泉
「小野田!! 
(速い!! ハコガク!! 早速 攻撃をしかけてきた!!)」

鳴子
「小野田くん (あいつが新開悠人!! なんや あの動き)」

手嶋
「しまっ… (くそ!! 新開!! ワンテンポ速い!!
改めて感じる こいつ動きに『容赦も躊躇もない』!!)」

新開は小野田の右腕を左ひじでぐいぐいと押しながら話しかける

新開
「山に入って登りになって 山王 あなたがチームを引いてる
それはナゼですか? 
本来温存されるべき存在じゃないんですかぁ

作戦ですか 戦略ですか 『1番』に山を引かせるなんて
それとも!! 山をハイペースで引く人材が」

ピッタリと横についていた新開がスッと離れる

途端に風が大きく動く

小野田
「(えっ)」

新開
「いないからですかァ!! るっしゃあああ」

急に加速して飛び出す新開


div style="text-align:center;">


小野田
「新開くんが加速!!」

今泉
「ちっ」

鳴子
「アカン」

手嶋
「(単にリズムを乱すだけじゃない…!!
箱根学園!! 登りの始まった この序盤から
攻撃を しかけるつもりだ!!)」

ドンドンと加速する新開

新開
「るしゃあああ しゃああああ」

手嶋
「この斜度のキツいところで!! くっ けど
そう簡単にいかせるわけには―――
(いかねェんだよ!!)」

手嶋の手が上がる

手嶋
「出ろ!! 小野田 今泉!!」

小野田
「はい!!」

今泉
「うす!!」

小野田
「あああああ」

今泉
「おおおおお」

2人はぐんぐんと新開に迫っていく
小野田
「あああ」

今泉
「おおお」

新開がうしろに気づく

新開
「(速い!! ヤバイ速さだ!!)」

ギアを替え、更に加速する新開

新開
「しゃるあ」

しかし新開の両脇をすぎる人影が

新開
「!」

気づくと新開の前に小野田と今泉がいる

新開
「(山王!! エース今泉さん!!)」

息は切らせているものの、辛そうな顔はしていない2人

今泉
「そんな 急ぐなよ新開 まだ登りはあるんだたっぷりと
それとも――― この先の温泉に 早く入りてぇのか」

新開
「…………… (一気に前に出られた…!!)
ええ そうすね 汗かいてからの方が気持ちいいですからね」



手嶋
「(なんとかおさえた…!! 
ハコガクの一撃目はしのいだ――― だが)」

手嶋は隣を走る箱根学園をちらと見る

黒田
「ちっ 失敗かよ」

真波
「今のは いいタイミングでしたけどねー」

葦木場
「やっぱ 今泉も速いね」

手嶋
「(真波 葦木場 黒田…!!
1人 新開を出してなお 余裕の布陣!!

こっちは今泉と小野田を出して 鳴子と2人!!
そして―――)」

チラリと後ろを見る手嶋

手嶋
「(箱根学園の戦略か… どんな計画を立ててる)」

手嶋は鳴子に声をかける

手嶋
「鳴子…… 気づいてるか」

鳴子
「カッカッカ 当然すわ ヤツらの最後尾でしょ
山じゃ見なれん男が1人ついてきとりますね」

手嶋
「山の景色をただ見たくなってついてきてるわけじゃ
なさそうだ

箱根学園キャプテン ”スプリンター” 泉田塔一郎」

泉田
「どうしたんだい ジロジロ見て 手嶋くんに鳴子くん
驚いているのかい?

いやぁボクだって3年間 箱根学園で練習してきた男だ
少しの登りくらいついていくのは難しいことじゃないよ」

鳴子
「(マツ毛くんが… 山に!!)」

手嶋
「(どういうつもりだ 確かに 泉田はさっきの平坦区間では
銅橋にまかせて一度も前を引かなかった!!)
作戦かよ」

泉田
「いやぁ ボクは3年だからね 最後のインターハイだし
山の景色を堪能しようと思ってね」

泉田の胸の筋肉がビクンビクンと動く

泉田
「アンディとフランクも喜んでいるよ」

手嶋
「……………」

今泉
「(5人…)」

小野田
「(今年の箱根学園は5人で山を闘うのか……!!)」

-----------------------------------------------------------------------------


★あなたもブログを書いてお小遣いを稼いでみませんか?★

   ↓ ↓ ↓



-----------------------------------------------------------------------------



**感想***

新開くんの先制攻撃が早速きましたね!!

この慇懃無礼な態度、ホントにイライラしますね

ワザとなのはわかるけどさー

即座に押さえられると、ざまあみろって気がしちゃうという(笑)


泉田くんも余裕の表情でついていってます

さすが山の中の学校なだけありますな

というか、やっぱりクライマー多数のチームの方が強い

ということなのかな?

箱根学園はその作戦を実践してきたということ?

これからはクライマー中心のチーム編成をしてくるところが

増えるのだろうか?


で、京伏はどこ??? (6度目)


今回はこれでおしまいです。


最後までお読みいただき、
ありがとうございました。

次回もどうぞよろしくお願いいたします。
次回は8月17日です!


★目次はこちら★


★最近の記事はこちら★

弱虫ペダル ネタバレ【457】

弱虫ペダル ネタバレ【456】

弱虫ペダル ネタバレ【455】

弱虫ペダル ネタバレ【454】

弱虫ペダル ネタバレ【453】

弱虫ペダル ネタバレ【452】



スポンサーリンク






nice!(3)  コメント(0) 

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
外為ジャパンを紹介