SSブログ

弱虫ペダル ネタバレ【460】 [ネタバレ(あらすじ)]

みなさま、こんにちは。

8月も残り少なくなりました。
皆様いかがお過ごしでしょうか。
ようやく夏らしい暑さが戻ってきました。
残り少ない夏を楽しみたいですね。


さて、今回は
弱虫ペダル ネタバレ【460】をお送りします


まずはあらすじからです!





スポンサーリンク










インターハイ最終日、
山岳に入り早々に攻撃を仕掛ける箱根学園
対して、坂道ら総北は箱根学園の攻撃に圧倒されて防戦を余儀なくされる
そして総北の後ろでは同じくゴールを狙うべく1つのチームが、影を潜めながら進んでいて……!?


★目次はこちら★


前回を詳しく読みたい方は弱虫ペダル ネタバレ【459】をどうぞ!


<弱虫ペダルの電子コミックはこちらがオススメ! 立ち読みもカンタンです!>




先頭へと
忍び寄る強大な影!!
チームを引くのは・・・!?



それでは、弱虫ペダル ネタバレ
 【460:静かなる侵撃】のスタートです!!


観客
「先頭を追って追走来たぞ 3人!!」
「おおお」
「いけぇ」
「どこのチームだ」
「紫のジャージ 
京都伏見だ!!」

京伏は水田、御堂筋、岸神の順で走っている

御堂筋が舌をぐるんと大きく回す

御堂筋
「ほぅら もっとォ 全開で引きや!! 水田くぅん!!

引いている水田は御堂筋の圧力に潰されそうになっている

水田
「(くっ プレッシャーでうしろの御堂筋くんが大きく感じる
キツい 苦しい!!)
うおおおおお もう精一杯やっとるよ!!」

御堂筋
「もっとや!!」

水田
「うああああ」

観客
「けど先頭とはまだ差があるぞ」
「ここから追う気か」

「だから必死の形相なんだよ きっと」
「先頭走ってるのはキャプテンだ!! 追いつくために
きっと率先して献身的にチームを引いているんだ!!」


水田
「(オカしいやろ!! 絶対!! このオレが
なんでこんな平坦で引いとるんや!!

昨日のミーティングではりついとけ言うたんは
昨日の山岳賞2位の実力を見込んで オレに
この3日目の山岳賞 もしくはゴールを
オレにまかせるいう意味やなかったんか!!

くそくそ こんなところでオレが力を使うて
どうするんや 3年やぞ キャプテンやぞ

小鞠やろォここは!! 
1年の小鞠にやらせればいいんやこんな役!!
御堂筋クン!!)」

御堂筋
「もっとやよ? 水田クゥン」

御堂筋の言葉に息を切らせながら振り返る水田

水田
「ここは小鞠やないんか!!」

御堂筋
「ないよ?」

水田
「ないんか!!」

思わず御堂筋に突っ込む水田

水田
「(こいつ… さては… わかったぞ そういうことか

『やってもうとるな こいつ』!! 戦略ミスったな!!
考えてみればおかしいところだらけなんや このレース

集団を使うて 先頭近くまで追いついて オレたちは
広島と一緒に集団からとびだしたんや

けど広島は”大物を潰してから来る”いうて
一旦下がっていった

広島が下がった時点で加速すれば 
まだ先頭に追いつけたんや

なのに順航――――― それどころか 
それどころかや!! 

あとであがってきた あの総北の2人までも
前にいかせたんや!!

それでこのザマや!!
必死で追わないかんくらい 差 つけて

ワケのわからん小鞠 擁護して
結局オレがこんなところで消耗せんといかんく
なったんや!!)」

御堂筋を睨み付ける水田


div style="text-align:center;">


水田
「ボロが出たなおい 御堂筋
2日目優勝して満足したか?

オレらをうかれとる いうて全員ボーズにして
結局一番うかれとったんは おまえやったんやな!!」

御堂筋
「プア?」

水田
「出たな得意のオトボケ
プランあるのか思うて今まで黙っとったけど
もうガマンできんわ はっきり言うたる

小鞠 おまえもよう聞いとけ!!
オレが―――この京伏キャプテン水田信行が
衝撃予告をしたる!!

これ以上どんなに走っても前のヤツらには
オレたち京伏は はっきり言って追いつかーん!!

この男御堂筋はリーダー風ビュービュー吹かせて
戦略ミスをやってもうとるんや!!」

岸神は冷めた目で水田を見ている

水田
「そうかそうか 小鞠も驚きのあまり声も出んようやな!!

くやしいか 悲しいか しかーし これが現実や!!

小鞠 おまえは昨日のスプリントで2位やった なのに
この平坦で温存させるて わかるやろ 昨日のことで
この男はすっかり判断力にぶってるんや!!」

御堂筋
「言いたいこと だいたい言うた?」

水田
「!? あ!? いいや まだや!!
総北の4番 5番の時!! オレは『追おう』と言うた!!

オレは言うたんや
あの時が決定的瞬間や 

あの2人を前にいかせて 総北を合流させた時点で
おまえのミスは取り返しのつかんことになっとるんや!!」

自分の発言に息を切らせる水田

水田
「ここから先は 小鞠!! オレがリーダーとなって2人で
ぶっ」

水田の口を手で押さえる御堂筋

御堂筋
「おしゃべりはもうええかな? 順航速度 下がっとるよ?」

そのまま手でギリギリと頬を締め上げる御堂筋

水田
「ぐ…ぶ」

御堂筋
「キミの役目はボクゥを引くことやよ?

それとザァンネン キミの… 浅い予想ォ… ププ
あの時ィ 総北の2人ィ… ヤツらをいかせたのは ププ
わざとやよ?」

水田
「(え!? ……!? ちがうんか!?
ミス ちゃうんか!? 今この先の先頭に―――
総北とハコガクがおるのは!!)」



箱根学園と総北は先頭争いを繰り返している

小野田
「箱根学園 四撃目!! 葦木場さん出ます!!」

今泉
「くっそ どこまでやる気だよ!! おおおお」

総北は今泉が出る

手嶋
「小野田は一旦下がって休め」

小野田
「はい」

手嶋
「鳴子 出ろ」

鳴子
「はいな!! 行かせへんわボケェ!!」

鳴子と今泉が、飛び出そうとした葦木場を止める

葦木場の前に出る鳴子

鳴子
「特に おまえはな ノッポォ!!」

黒田
「チイッ しつこいな 本当に!! 総北ゥ!!」



御堂筋
「あの場であの2人を脚を使って止めることは
カンタンなことやった けれどォ

やるべきことは勝つゥこと
ロードレースにおいて最も恐れる状況は 
『一強』――――

ひとつの強いチームが先頭を走って
完全にレースを支配する状態!!

けれどボクゥら3人の力では分が悪い
だからボクゥはあの2人のチームとの合流を容認した

そうなればヤツらはカクジツゥに『ハコガクを追う』

”一強”に誰かが追いつき他勢力が入ればァ ププ
荒れる 乱れる チャンスが生まれる!! 必ず!!

心配せんでもォ…… 
この”航海” 順調やぁぁ!!

さぁ前向きや 二度とふり向かんでええ

おしゃべりもいらん 前だけ見てまっすぐに
全身全霊使って限界まで ボクゥらを引きやぁ!!」

水田
「お…おう!!」

観客
「京伏が山に入るぞ」
「第3のチーム!!」
「ガンバレー」

水田
「え…ボク『ら』?て 小鞠…小鞠は!?」

御堂筋
「キミィは この最初の登りの終わりまででええよ?
あとは『2人で』いくからぁ!!」

御堂筋の発言に驚愕する水田

御堂筋
「もう少ししたらとびだすよ? 小鞠クゥン」

岸神
「ええ わかりました 御堂筋さん」

御堂筋
「この先の道の先には 
キミの心から望むものがあるよ?」

岸神
「ボクの… 心から望むもの… …ああ
筋肉ですね!!」

無表情だった岸神の顔が、歓喜の表情に変わる


-----------------------------------------------------------------------------


★あなたもブログを書いてお小遣いを稼いでみませんか?★

   ↓ ↓ ↓




-----------------------------------------------------------------------------



**感想***

やっぱり手嶋・青八木は京伏を抜いていたのか!

そして京伏はわざと抜かせたのか

しかし、水田くん、学ばないねー(笑)

自分が使い捨てだってコト、考えないのがスゴイ

御堂筋と一緒にいて、こいつが自分が勝つためには

チームメイトだろうが何だろうが利用しまくる人間だって

いつになったら気づくんでしょう?

山口くんはちゃんとわかっていたのにね

去年のキャプテン石垣さんはわかってて御堂筋の

好きなようにさせていたのにね

それに、ここでネタばらしされて、水田くんはこの先の

登りを引けるのか? 引く力が弱まったりしないのか?

引く力が弱いならここでもう使い捨てられちゃうのかな?

じゃあ勝手に行けって反乱を起こさないのかな?

普通だったら自棄になりそうだけどなぁ


今回はこれでおしまいです。


最後までお読みいただき、
ありがとうございました。

次回もどうぞよろしくお願いいたします。


★目次はこちら★


★最近の記事はこちら★

弱虫ペダル ネタバレ【459】

弱虫ペダル ネタバレ【458】

弱虫ペダル ネタバレ【457】

弱虫ペダル ネタバレ【456】

弱虫ペダル ネタバレ【455】

弱虫ペダル ネタバレ【454】





スポンサーリンク






nice!(3)  コメント(0) 

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
外為ジャパンを紹介