SSブログ

弱虫ペダル ネタバレ【467】 [ネタバレ(あらすじ)]

みなさま、こんにちは。


さて、今回は
弱虫ペダル ネタバレ【467】をお送りします


まずはあらすじからです!





スポンサーリンク










IH最終日、箱根学園・泉田に広げられた差を、チーム
一丸となって取り戻し箱根学園の姿を再び捉えた総北
箱根学園を前に、手嶋が口にするオーダーとは!?


★目次はこちら★


前回を詳しく読みたい方は弱虫ペダル ネタバレ【466】をどうぞ!


<弱虫ペダルの電子コミックはこちらがオススメ! 立ち読みもカンタンです!>




掲げ士し総北の魂
狙うは勝利ただ一つ




それでは、弱虫ペダル ネタバレ
 【467:総北の旗】のスタートです!!



手嶋
「箱根学園に今から並ぶ!! オレが全開で引く!!
すまねェ―――― そのあとのゴールは…3人で………
たのんだぞ」

手嶋の言葉に驚きを隠せない3人



その頃、コース最後の山の中腹で総北OBの3人が
下を見下ろしていた

田所
「今ごろ あいつら 最後の山の勝負に入った頃かァ?」

金城
「ああ」

巻島
「しかし さすがに標高1700mは夏でも冷えるショ」

金城
「だな」

巻島
「時に金城ォ」

金城
「何だ巻島」

巻島
「………! おまえが総北の旗あずけたキャプテン
手嶋純太はァ ここまで登ってくると思うかァ

インターハイ3日目 最後の山 この草津白根山群の中腹まで
草津の温泉街をぬけて 国際スキー場の脇をぬうように登り
 
大きな谷を貫く観光ロープウェイの横を通り
幾度となくつづくつづら折りをぬけて 『ここ』まで」

金城
「手嶋が…か」
ガハハと豪快に笑いながら田所が答える

田所
「来るさ!! 手嶋と青八木はオレがきたえたんだ
あいつら根性だけは誰にも負けねェ!!」
田所を横目で見る巻島

田所
「……… てのがオレの……希望だ けど
多分難しいだろうな」

巻島
「…ショ」

田所
「あいつぁ根性はあるが 脚が平凡だ」

金城
「…………
残念ながら田所の言う通りだろう

ここはゴールまでのこり数kmの場所
ここに―――インターハイで生き残るには
『特別な何か』が必要だ

手嶋にはそれがない おそらく途中で―――――」

巻島
「力つきて脱落…か クハ リアルっショ…
じゃあ金城 おまえはあの時何故キャプテンに手嶋を
選んだ? 『ここ』までこれないっつう平凡な男を

―――ケガこそしてたが 古賀をキャプテンにするって
道もあったっショ 1年の時 インターハイも経験してる
ヤツなら来れたかもヨ?」

金城
「オレは手嶋に『総北』を預けた 手嶋は確かに弱いし
平凡だ

手嶋はよく言っていた
”オレは底の方にいます””底辺のプレーヤーだ”と

小野田や今泉 鳴子のことがはるか遠くに感じる と

だが手嶋はくさらず努力を続けていた
一分一秒を大切にして 届かないと言いながらギリギリ
まで近づこうともがいていた

何度もはい上がろうとあがいていた
去年 総北は細い糸をたぐって優勝を成しとげた

頂点をとることができた――――――だが
競技において最高の成果を出した者には
その『代償』として『進化の停滞』が必ずある!!

最高の瞬間を手にした者は 全てが叶ったことで
進むべき目標を失う

満足感から緊張の糸が切れ脱力し 進む道を迷う

ある者はふり返り道を戻り ある者は別の道を探す

優勝した総北――――新しい世代の総北に最も必要なもの 
それは 『更に進もうとする力』だ!!

いかなる条件下でも一歩一歩歩みを進めていくメンタル
目標を失わない強い心 それがヤツの中には沸々とあった!!

だから選んだ!!

底の方からしか見えない景色は必ずある
まだだ まだだと思う力は 行き詰った状況を打破し
先入観を打ち破る!!」

巻島
「ショ」

金城
「そして平凡な男の努力 ―――――もがきは
他のプレーヤーに震動となり伝わる!!

前に進む力になる!!」

巻島
「クハ… …………金城ォ 『それ』ってさ
さっきおまえが言ってた ここまで生き残るために必要な
『特別な何か』じゃないのォ?」


div style="text-align:center;">


箱根学園を追う総北の隊列

手嶋を先頭にグングンと箱根学園に迫る

手嶋
「おおおおお」

手嶋の腕も脚もブルブルピクピクと動いている

手嶋
「おいおいオレの体 こんなところで悲鳴あげてんじゃねーよ
もがけ純太!! 
これが 最後のインターハイだ!!」

今泉
「ハコガクに近づいてる!!」

小野田
「てし… ま… さん」

鳴子
「ちょっ ”あとは頼む”てどゆうことすか
ここは交代で引いてった方がハコガクに早く追い―――」

手嶋
「ここは休んどけ 休んどかないとなんないんだ
これはオーダーだ!!
鳴子 今泉」

今泉・鳴子
「!」

手嶋
「敵にゃ 泉田が『引いた』分のアドバンテージがあんだ

全員が全開でボロボロで追いついても 
即攻やられて成す術なしになっちまう

誰か『1人』がチーム引かなきゃなんないんだ!!
それオレしかねぇだろ!!」

息を切らし自分を鼓舞する手嶋

手嶋
「追いつけ 追いつくんだ 前のハコガクに―――だから
それまでしっかり動けよ オレの おおおお

 心臓!!」

更に加速する手嶋

箱根学園に迫る

手嶋
「(オレには何もねェ 何ンもねェ!!
だから もがいて!! あがいて 無理して!!

一歩ずつ前 進むんだよ!!」

迫る手嶋を振り返り、気持ちがざわめく新開

新開
「何だ……… (この人………!! 
2日目の山で軽くパスした時とは違う

『速さ』とか『強さ』じゃない 『才能』じゃない
『地道さ』――――

地道さだけで登ってきてる 迫ってる 
何で追いつけるんだ オレたち ハコガクに―――

4人に この選ばれたメンバーに!!
何だ その 地道クライム!!)」

手嶋
「おおおお」
手嶋のうしろの総北の3人は、その手嶋に圧倒されている

今泉
「すげぇ…!! この人はこんな気迫で 1日目
いろは坂の真波との山を登ったのか」

鳴子
「アカン 何やこれ この人の走りみとったら
手がふるえてきたわ」

小野田
「…………… 届く… 届くよ 鳴子くん

手嶋さんの… 
どんなことがあっても前に進もうとする
あつい震動が!!」


焦る新開

新開
「黒田さん!! 何かワカんないですけど 並ばれそうです!!
何なんだ こいつら!!」

舌打ちする黒田

黒田
「チィッ 悠人 追いつかせるな 2人で前でて 引くぞ!!」

新開
「はい!!」

前へ出ようとする黒田の行く手を、腕を伸ばして阻む葦木場

黒田
「!」

葦木場
「雪成ちゃん 1コだけワガママ言っていい?

オレに引かせて」

黒田
「(拓斗!!)」

葦木場
「冷静でいようと思ったけど…… 
純ちゃんのあの走り見てたら おさえらんない

届くんだ 震動が 頭の中のクラシック鳴り始めた」

葦木場は手嶋に向かって言う

葦木場
「勝負しよう 純ちゃん!!」

手嶋
「(葦木場!!)」


-----------------------------------------------------------------------------


★あなたもブログを書いてお小遣いを稼いでみませんか?★

   ↓ ↓ ↓



-----------------------------------------------------------------------------




**感想***

冷静に考えて、手嶋さんはここで箱根学園に追いついたら そこで力尽きておしまい

OB3人がいる中腹までは行けず、リタイアとなるはずでした

でも他の人のやる気スイッチまで押しちゃいましたね

葦木場くん、黒田さんの予定では、最後の真波くんの発射台と なるはずだったんだろうなぁ

こんな所で使うつもりはなかったんだよね


でも葦木場くんと手嶋さん、是非闘わせてあげたいなぁ

というかもうボロボロに近い手嶋さん、ここからの闘いなんて

できるんでしょうか?

けど、ここで葦木場くんと互角で闘えたら、OB3人のいる ところまで手嶋さん行けるかも!

田所さんに頑張ってる姿を見せてあげられるかも!!


そしてOBの目の前でリタイアする手嶋さん、巻島さんの姿を

見てスイッチが入り飛び出して行く小野田くん

ってかんじなのかな?

相変わらず追いついてこない京伏ですが、そろそろ来るんで

しょうかね?


今回はこれでおしまいです。


最後までお読みいただき、
ありがとうございました。

次回もどうぞよろしくお願いいたします。


★目次はこちら★


★最近の記事はこちら★

弱虫ペダル ネタバレ【466】

弱虫ペダル ネタバレ【465】

弱虫ペダル ネタバレ【464】

弱虫ペダル ネタバレ【463】

弱虫ペダル ネタバレ【462】

弱虫ペダル ネタバレ【461】



スポンサーリンク






nice!(3)  コメント(0) 

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
外為ジャパンを紹介