SSブログ

弱虫ペダル ネタバレ【472】 [ネタバレ(あらすじ)]

みなさま、こんにちは。

11月も半分を過ぎました。
秋は時が経つのが早く感じられますね。


さて、今回は
弱虫ペダル ネタバレ【472】をお送りします


まずはあらすじからです!





スポンサーリンク










IH最終日、手嶋が葦木場に持ちかけた山岳賞をかけた勝負
手嶋の脳裏に浮かぶのは葦木場との過去だった
当時の手嶋が、転校を繰り返してきた葦木場のために決断したのは…!?



★目次はこちら★


前回を詳しく読みたい方は弱虫ペダル ネタバレ【471】をどうぞ!


<弱虫ペダルの電子コミックはこちらがオススメ! 立ち読みもカンタンです!>




静かに闘志を燃やす手嶋!!
葦木場に”山岳賞”を獲らせるため
駆け出す・・



それでは、弱虫ペダル ネタバレ
 【472:ふたりの山岳賞】のスタートです!!



手嶋少年
「(レースの距離が長くいくつか山をこえる場合
『山岳賞』が設定される

きつい山の登坂を一番初めに登りきった選手に贈られる賞で
名誉であり誇りであり『特別なジャージ』が与えられる

中学生レベルだの地方大会だとさすがにジャージはないけど
表彰台にあがれるし 簡単な複勝もあるんだ)」

大会のレーススタート位置にいる手嶋たち

のほほんとスタートを待っている葦木場少年を横から 見ながら決意を固める手嶋少年

手嶋少年
「(『表彰台』だ オレはおまえに 
『結果』をのこしてやりたいと思ってるんだ

おまえの『限りある時間』の中で
『自転車やってよかった』『自転車選んでよかった』って
思ってほしいんだ オレは!!

表彰台にあがればきっとおまえも 
もっと自転車が好きになる!!)

スタートのピストルが鳴る

アナウンス
「千葉シリーズ ロードレース第5戦 中学の部
ただ今スタートしました 
皆さん最後までがんばってください」

いつもより積極的な走りをする手嶋少年

葦木場少年
「純ちゃん いつになく気合だねー
なんか… 何ていうか闘志を感じるよ」

手嶋少年
「言っただろ!! 今日おまえは”山岳賞”を獲るんだよ!!
まかせとけ オレが獲らせる!!」

葦木場少年
「言ったでしょー それムリだよー
いつもみたいに楽しく走ろうよー」

葦木場少年の返事に気合が削がれる手嶋少年

気を取り直して葦木場少年に説明を始める

手嶋少年
「いいか葦木場 前にも説明したが 
ロードレースは基本的に 皆 ゴールを狙ってる

山を登る『ヒルクライムレース』の場合
ゴールが『山頂』だから皆それを狙う 大人数だ

けどロードレースの『山岳賞』はゴールに向かう
途中にある

山岳賞欲しさに動けば 疲れてゴールを獲れなくなるから
ゴールを狙ってるヤツは動かない 競争率は下がる!!

狙ってるヤツは少ない
がんばればおまえも獲れる それが――『山岳賞』だ!!」

葦木場少年
「へぇ―――― なるほど 人数少ないから…
さすが純ちゃん かしこいねー」

手嶋少年
「今はじめてきいたカオするな」

2人のいる集団が山に入る

手嶋少年
「登りに入った!! 標高が上がる!!

いよいよだ さっきは競争率は低いつった
けどそう簡単じゃない 表彰台は『表彰台』だ!!

その名誉を――― ゴールを捨ててでも 欲しがる
ヤツはそれなりにいる!!」

集団から4人が飛び出す

手嶋少年
「登りの勝負所に入った!! 4人とびだした!!

いくぞ葦木場 ここからだ!! ペース上げろ!!
あの前の4人についていく!! がんばれ!!」

とびだす手嶋少年

しかし、ついてくる気配がないのに気づき振り返る

手嶋少年
「どうしたシキバ 踏め!! 今あの4人について
いかなきゃおまえの山岳賞は―――――」

葦木場少年は斜め後ろを振り返り、嬉しそうに言う

葦木場少年
「見て ホラ 純ちゃん ここから景色すごくよく
見えるよ」

あっけに取られる手嶋少年

その横を何人かが追い抜いていく

手嶋少年
「け… しき?」


div style="text-align:center;">


手嶋少年
「何で レース中に景色見てんだよ!!」

レース後に葦木場少年の胸ぐらを掴んで怒鳴る手嶋少年

手嶋少年
「一体 何だったんだよ 今日のレース!!
結局ダラダラゴールまで走って 

いつものように埋もれて 24位 25位
何やってんだよ 意味ないだろ 

オレはとびだす合図をしたし 今日の目標も伝えた」

言い返す葦木場少年

葦木場少年
「オレは断ったよ!! 景色よかったんだよ

晴れてたし 空気もかわいてて 
高いとこまで登ってきて キレイな景色見えて

それを誰かに見せたいと思うのはそんなに悪いこと!?」

口をあけたまま一瞬言葉が出ない手嶋少年

手島少年
「時と場合がある つってんだよ!!

………くそ オレのがんばりは何だったんだよ
………く
もういいよ 帰りの仕度しようぜ」

去っていく手嶋少年

葦木場少年
「…………… オレの方も ”もういいよ”」


雨が降っている 南中学の放課後

教室から外を眺めている葦木場少年

葦木場少年
「うー 寒いなー 帰り道 クツ濡れたら冷たい
だろうなー」

そこへ近づいてくる人影

葦木場少年
「あ」

思わず立ち上がる葦木場少年

東戸少年
「おう 葦木場」

葦木場少年
「あっ え―――と… うん」

東戸少年
「いいかげん名前おぼえろよ 東戸だよ アダ名は
ヒガシマル」

葦木場少年
「何か…用? 今日は雨だから部活休みでしょ?」

東戸少年
「晴れてても部活最近サボってんじゃねーか おまえ」

葦木場少年
「いやっ あのっ 雨がふりそうだなって… その…
いつも…」

東戸少年
「うそつけっ 聞いたよ 手嶋と仲わるくなったんだろ
このままやめようと思ってんだろ 部活」

ドスッと椅子に腰を下ろす東戸少年

焦ってつくろおうとする葦木場少年

葦木場少年
「え あ いやっ… ……… どうして わかるの?」

東戸少年
「じゃねーかって 手嶋が言ってた

先週も部活の皆でエントリーしてたライドイベント
来なかったろ

手嶋はずっと待ってたぞ スタートの合図鳴っても
ねぼうしてるだけじゃねーかつってスタートラインで
1人で待ってた」

葦木場少年
「(え)」

動揺する葦木場少年 拳を握りしめて言う

葦木場少年
「だってさ 胸つかまれてどなられたら誰だって
もう乗りたくなくなるでしょ」

東戸少年
「……………… おまえ何で手嶋が胸つかんだか考えたか?」

思いもよらなかった言葉に黙る葦木場少年

東戸少年
「ずい分前の部活の帰り道に話してくれたよ」

葦木場に山岳賞を獲らすという話に驚く東戸に、

葦木場に十分にその可能性があるといい、そのために
自分が犠牲になる必要があると、手嶋が話していたことを
あかした東戸少年

葦木場少年
「………… ギセイ?」

東戸少年
「そ だ ロードレースはチームスポーツだからな
敵が複数で来たら1人じゃ太刀打ちできない

お膳立てする役が必要なのさ

オレにはできねェけどな………… あいつぁ 元々 
人のためにがんばることに燃えるタイプなのかもしんねーよ」

窓の外の雨を見て言う東戸少年

東戸少年
「おまえ 今日…手嶋がどこいるか知ってるか?

お膳立てのためには自分も登れなきゃなんない
登りの練習しなきゃなんない

けど フツウの日は部活の練習のメニューで一杯だ
だから―――― あいつは言ってたよ

部活が休みの雨の日に登りの練習するんだって 1人で」



その頃手嶋少年は登りの練習を1人で黙々としていた

手嶋少年
「寒っみ グローブの中までしみこんできた ひ――
まったく何やってんだろうなオレは

部活辞めかけてるヤツのために練習なんてよ アホか」



東戸少年
「あの日のレースの時も けっこう走りこんで準備して
たんだよ

ヘンなプレッシャーになるから葦木場には言うなって言わ
れてたけど な」

あの日の「オレのがんばりは何だったんだよ」という
手嶋のつぶやきを思いだす葦木場少年

葦木場少年
「純ちゃん…… (がんばり…………)」

東戸少年
「あと 葦木場――― おまえにはたぶん
自分より才能あるって言ってた」」

そこまで聞き、走り出す葦木場少年

葦木場少年
「純ちゃ…」

東戸少年
「おい どこに」

葦木場少年
「純ちゃん!!」


-----------------------------------------------------------------------------


★あなたもブログを書いてお小遣いを稼いでみませんか?★

   ↓ ↓ ↓



-----------------------------------------------------------------------------



**感想***

長い!! 回想が長い!!
まだまだ続く中学の時の回想ですよ

まあこれがないと、勝負ごとに興味なくのほほんと

楽しく自転車に乗っていた葦木場くんが、箱根学園の

エースとなるまでに成長したのかがわからないというか

うん必要なストーリーなんだなとは思います

でも長い 1か月くらい回想なんじゃないかと思います

決着着くまで先は遠いなぁ

来週もまだ回想の続きですね


今回はこれでおしまいです。


最後までお読みいただき、
ありがとうございました。

次回もどうぞよろしくお願いいたします。


★目次はこちら★


★最近の記事はこちら★

弱虫ペダル ネタバレ【471】

弱虫ペダル ネタバレ【470】

弱虫ペダル ネタバレ【469】

弱虫ペダル ネタバレ【468】

弱虫ペダル ネタバレ【467】

弱虫ペダル ネタバレ【466】



スポンサーリンク






nice!(3)  コメント(0) 

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
外為ジャパンを紹介