SSブログ

弱虫ペダル ネタバレ【482】 [ネタバレ(あらすじ)]

みなさま、こんにちは。

弱虫ペダルは今回で連載10周年だそうです!
おめでとうございます!
スゴイですね~(^^)/

さて、今回は
弱虫ペダル ネタバレ【482】をお送りします


まずはあらすじからです!





スポンサーリンク










IH最終日、2人の目標であった”山岳賞”をかけ、闘った手嶋と葦木場
何度も倒れ、立ち上がってきた総北手嶋に軍配が上がった!!
そして闘いは、息をつく間も無くゴール争いへと突入する…!!


★目次はこちら★


前回を詳しく読みたい方は弱虫ペダル ネタバレ【481】をどうぞ!


<弱虫ペダルの電子コミックはこちらがオススメ! 立ち読みもカンタンです!>




ありがとう!10周年!!
想いをつないで走って
これからも走り続けます!!

それでは、弱虫ペダル ネタバレ
 【482:総北のキセキ】のスタートです!!


金城
「道を 街を 平坦を 山の急勾配を
あらゆる困難を乗りこえ ここまで来た

励ましあい 助けあい 時に仲間の犠牲を払って 
ここまで!!」

仁王立ちで山の中腹からレースを見守る総北OBの3人

巻島
「アア!! ショ!! そしてそいつは全て
『真っ先に』――― 『あそこに』―――

『たどりつくため』だと言っていい!!
このレースの最終目的地―――

3日目最終日 ここから数kmいった先にある

『最後のゲート』『総合優勝のゴール』だ!!

誰が最初にたどりつくかはワカらねェ
終わってみなけりゃレースなんてものはワカらねェもの
なのさ

だから走るんショ 全身を使って全てを出しきって――
自分たちの可能性を信じて!!」



全開で走る箱根学園3人、総北3人

鳴子
「おるああああ」

今泉
「おおお」

みんな気合の入った顔で走っている

先頭を走る新開と鳴子が肩をぶつけ合っては離れる

観客
「え 今 前の2人当たんなかった!?」
「ヤベッ でもどっちも少しもひるんでねェ」

「バッチバチ!!」
「2人とも絶対ゆずんねぇって表情だ!!」

鳴子
「やるやないか新開弟!!」

新開
「ハァ!? すいませんね

オレ『悠人』って名前あるんで 
兄基準やめてもらえます?」

鳴子
「カッカッカ 
ゴリッゴリのあたりにも負けへんてその意地!!

ほんで自己主張!! ええやないか!!
気に入ったで!! 『ユート』!!」

新開
「さすがっすね 人ホメて
体力あまってんすか? 2年目の余裕ですか?

それとも―――」

新開の気配に気づく今泉

今泉
「(『来る』ぞ 鳴子!!) 鳴…!!」

すぐに鳴子に注意喚起しようとするが、その前に 新開が加速する

新開
「単なる『空元気』ですかァ!!」

小野田
「(新開くん とびだした!!)」

新開
「るっしゃあああ 答えはァ―――――――
yesですか ―――――!!」

振り切ったつもりで、決め台詞を言おうとした新開だが
真横に鳴子がついているのに気づき驚く

新開
「(ついてきた!! オレの加速に!!)」

鳴子
「そうや!! ええで
ワイがいつも楽しみにしとるのは そういうビックリ顔や!!

『答えはNO』や!!」

新開
「―――――――!!」

鳴子に対してザワッとする新開

今泉
「(速い…!! 一瞬で反応して追いついた!! 
鳴子!!)」

小野田
「(すごい 鳴子くん!!)」

舌打ちする黒田

黒田
「(悠人にはスキあらばしかけていいと言ってあったが
そうシンプルにはいかねぇようだな さすがに!!)」

真波
「(へぇ すごい ホントに登れるようになってる)」

鳴子
「カッカッカ ユート
”2年目の余裕”いうたか さっき 答えたるわ」

新開
「!」

鳴子
「『あるわけないやろ そんなもん』!!

いろんなもん積んで いろんなもん経験して 背負って
ここにおんねん

1年目よりも緊張感は上や!!
ギリッギリのキワッキワや!!

ちょいとでも油断すれば『もって』かれるんや
全開でやっとるに決まっとるやろ

けどワイはそれでええと思うとる――― わかるか?
そや それが 

一番派手なんじゃい!!」

急に加速して飛び出す鳴子


div style="text-align:center;">


観客
「今度は総北 鳴子がコーナーでしかけた!!」
「すげぇ 赤い男!! 『元』スプリンターなのに
鋭く登る!!」

「頭も赤い バイクも赤い あいつやることが――――
とにかく派手だ!!」

鳴子
「カッカッカ 見さらせ こいつが 元祖
(どや!! どや!!)

派手ドヤドヤクライムや!!」

右腕を伸ばし、上にあげる鳴子

鳴子
「湧け観客!!」

観客
「すげぇ!! アオってきた!!」

「ナルコォ―――――!!」
「ナルコッ!!」

「あいつおもしれぇ!!」
「いいぞ!!」

「ガンバレ!!」
「ナルコォ!!」
「赤い男!!」

辺りの観客は鳴子に対しての大声援になる

鳴子
「ワイはそいつをパワーに代える」

新開
「く!! そぉ!! るっしゃあああ」

鳴子に追いつく新開

新開
「追いつきました!! あなたの好きには (くそ!!)
させませんよ!!」

鳴子
「カッカッカ 悪いなユート
十分好きにさせてもろうとるわ!! 『派手に』!!」

鳴子コールをしている観客をさししめしながら言う鳴子

新開
「く」

そこに残りのメンバーが追いつく

小野田
「追いついたよ鳴子くん」

今泉
「先頭引いてたくせに 勝手にとびだすなよ鳴子」

鳴子
「妬くなや スカシ ワイの人気ぷりに!!」

黒田
「(チイッ 場の空気をモッてかれちまってる
完全に………!!)

やっぱり『アレ』のせいか 『山岳賞』の

奇跡の一勝!!

総北5番 
手嶋純太」

先行していた手嶋と葦木場に追いつく6人

小野田
「手嶋さん!!」

今泉
「手嶋さん!!」

鳴子
「パーマ先輩!!」

手嶋
「おまえたち…!!」

鳴子
「最っ高でしたわ!!」

小野田
「お……おつかれ様です」

今泉
「ありざしたァ」

小野田
「す…あの すごいです 本当に!!」

手嶋
「り…が…とよ」

ハンドルを握っていた右手をやっとの思いでハンドルから離す手嶋

手嶋
「く!!」

手嶋は手を小野田の腰に当てるが、その力は非常に弱い

小野田はその弱さに驚く

手嶋
「たの…んだ…ぞ あと……は 鳴… 小野…
………………」

手嶋の声は聞えないほど小さい

小野田
「はい!!」

小野田は驚いた顔から、気合の入った顔へと変わる

手嶋の手は小野田の腰から離れていく

観客
「11番 5番を抜いて今 先頭が入れ替わる!!
ハコガクと総北!! 6名 先頭!!」

手嶋の視界から皆の姿が消える

手嶋
「(役割が終わった――― ようやく)」

ガシャッと大きな音をたてて倒れる手嶋

観客
「きゃあっ」
「うわ 落車ぁ!!」

手嶋
「(横んなれる)」

カラカラと倒れたバイクのタイヤが回っている

駆け寄る観客

観客
「大丈夫か」

手嶋
「(鳴子 今泉 小野田………… 
最後のオーダーだ…………… 3人で………
力 合わせて ゴールを狙え)」

今泉・鳴子・小野田
「はい!!!」


-----------------------------------------------------------------------------


★あなたもブログを書いてお小遣いを稼いでみませんか?★

   ↓ ↓ ↓



-----------------------------------------------------------------------------



**感想***

鳴子くん、本当にスプリンターではなく、オールラウンダーになったんですね
新開くんの蜂の一刺しにも難なくついていくとは!

おまけに周りの観客みんな自分の味方につけちゃうし

手嶋くんのおかげで既に総北応援の下地ができていた

ってこともあるけど

やるじゃん鳴子くん!!


葦木場くんと手嶋くんはここでリタイヤ

箱根学園は葦木場くんなしでこの先どう闘うつもりなのか

黒田くんの頭の中は今フル回転していることでしょう

どんな策でくるんだろう?

もうゴールまで数キロってことだしねぇ

そして未だに姿を現さない京伏は何をしているのか?
目が離せない展開となってきましたね


今回はこれでおしまいです。

最後までお読みいただき、
ありがとうございました。

次回もどうぞよろしくお願いいたします。


★目次はこちら★


★最近の記事はこちら★

弱虫ペダル ネタバレ【481】

弱虫ペダル ネタバレ【480】

弱虫ペダル ネタバレ【479】

弱虫ペダル ネタバレ【478】

弱虫ペダル ネタバレ【477】


スポンサーリンク






nice!(3)  コメント(0) 

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
外為ジャパンを紹介