SSブログ

弱虫ペダル ネタバレ【495】 [ネタバレ(あらすじ)]

みなさま、こんにちは。

さて、今回は
弱虫ペダル ネタバレ【495】をお送りします


まずはあらすじからです!





スポンサーリンク










IH最終日、箱根学園・黒田の追走を今泉が何とかふり切り、
先頭を独走する坂道ら総北!!
しかし、箱根学園の後ろからは、さらに京伏・御堂筋が近づいていて…!?


★目次はこちら★


前回を詳しく読みたい方は弱虫ペダル ネタバレ【494】をどうぞ!


<弱虫ペダルの電子コミックはこちらがオススメ! 立ち読みもカンタンです!>




戦いが佳境を迎える中、
絶対に追いつかれてはいけない
強敵・御堂筋が迫る!!



それでは、弱虫ペダル ネタバレ
 【495:捕食 】のスタートです!!



小野田が叫ぶ

小野田
「来てる 御堂筋くんが 箱根学園のうしろから 
すぐ そこに迫ってる!!

御堂筋
「トゥカ トゥカ トゥカ 捕(トゥカ)まえた
箱根学園(ハエ)と総北(ベンジョバエ)!!

今泉
「(くそ!! この忙しい時に!! 御堂筋!!)」

黒田
「(チィッ京都!! おまえも やっぱ来やがったか 
『この下り』で!!)」

独特の前傾姿勢でぐんぐん近づく御堂筋

あっという間に箱根学園に並ぶ

真波
「黒田さん ならばれた」

黒田
「く!! (速ぇぇ!!)」

通り過ぎる時に黒田の方へ顔を向ける御堂筋

御堂筋
「ハエ ハエ…カス キモ!! キモォ!! キモッキャアア」

変な雄叫びと共に加速し、箱根学園を抜き去る御堂筋

真波
「行かれた!! 黒田さん!!」

小野田
「御堂筋くんがうしろの箱根学園を 追い抜いた!!」

今泉
「”もう”か!!」

鳴子
「(御堂筋!!)」

小野田
「コーナーのすぐうしろまで来てる!!
追いつくつもりだ ボクらにも!! 『この下りの間に』!!





抜かれた箱根学園・黒田はうしろから御堂筋を見つめる

黒田
「(『速ぇぇ』!! けど 御堂筋 そら 突っ込みすぎだ
その先はァ!! 角度のついた 270度コーナーだ!!
その速度のままいきゃあ 落車(すっころ)ぶ!!)」

しかし御堂筋はスピードを落とさない

黒田
「! (!? おい まて どうした!? 
速度を落とさねぇ!! 御堂筋!! そのまま!? 
コーナー入る!! 
何だ!? 何だ その 『とびこむよう』な ダイブバンク!!)」

スピードを落とさない御堂筋は、自転車を地面スレスレまで倒し、 コーナーを曲がっていく

内側のペダル、あご、ハンドルが地面と接してガチンと音を立てる

コーナーが終わると、何事もなかったかのように、自転車を戻し また加速する御堂筋

黒田
「(ありえねぇ速度と角度で コーナー 曲がっていきやがった!!)」


御堂筋は総北の隊列にぐんぐん近づく

小野田
「すぐうしろに来られた!!」

今泉
「(く!! マジかよ!! 早ぇぇんだよ!!)
大丈夫だ!! もうすぐこの下りも終わる!! あとは直線だ

ゆるめるな 登り返しまでもうすぐだ 
向こうは速いが こっちと大差ない!! このままいける!!」

小野田
「うん!!」

鳴子
「先行(にげ)きれ スカシ」

今泉
「(このままこっちが『ミスなく』進めば 
追いつかれることはない!!)」

登り返しに近づく総北

その手前の路面にデコボコが見える

今泉
「路面が一部荒れてる 気をつけろ!!」

小野田
「うん!!」

今泉
「登りに入る!! 入ると同時にギアを軽くしろ!!」

小野田
「うん!!」

けれど鳴子は路面のデコボコをもろに踏んでしまう

大きく宙をはねる鳴子のバイク

鳴子
「!」

今泉と小野田は鳴子を気遣い、思わず振り返る

その左を追い抜いていく御堂筋

鳴子
「くっ」

小野田
「鳴子くん」

鳴子
「すまん 段差ひろうてもうた」

今泉
「鳴子!!」

視線を前に戻し、気づく総北

今泉
「御堂筋!!」

小野田
「御堂筋くんが前へ!! 抜かれた!!
(抜いていった この下りで 先頭を争ってた5人全員を)
まるで 獰猛な昆虫がエサを捕食するように

胸の動悸が収まらない小野田


-----------------------------------------------------------------------------


★あなたもブログを書いてお小遣いを稼いでみませんか?★

   ↓ ↓ ↓



-----------------------------------------------------------------------------



****感想****

御堂筋、速ぇぇぇぇ!!!

あんなのありなのか? 絶対落車して大怪我するギリギリの瀬戸際

って感じですよね

それでも落車しないで何事もなかったかのような自転車捌き!!

どんだけこいつはバランス感覚に優れてるんだよ

自転車と身体が一体化してるんでしょうか


鳴子くんがデコボコに車輪を取られなかったら、

もしかして抜かれなかったのかなあ?

それでもやっぱり抜かれたのかなあ

鳴子くんが責任感じてしまいそうだなあ


鳴子くん、もうこれ以上はムリですかね
鳴子くん連れて山登りはかなり厳しい気がする

少なくとも御堂筋に追いつけるとは思えない

最後に御堂筋に一矢報いたいだろうけど、ちょっと無理だよねぇ


残りは何kmでしょうか?

このまま御堂筋が優勝するのは気にくわないなぁ

小野田くんと真波くんに何としても頑張ってもらいたいけど
どうでしょうか???



今回はこれでおしまいです。

最後までお読みいただき、
ありがとうございました。

次回もどうぞよろしくお願いいたします。


★目次はこちら★


★最近の記事はこちら★

弱虫ペダル ネタバレ【494】

弱虫ペダル ネタバレ【493】 

弱虫ペダル ネタバレ【492】

弱虫ペダル ネタバレ【491】

弱虫ペダル ネタバレ【490】

弱虫ペダル ネタバレ【489】




スポンサーリンク






nice!(3)  コメント(0) 

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
外為ジャパンを紹介