So-net無料ブログ作成

弱虫ペダル ネタバレ【560】 [ネタバレ(あらすじ)]

みなさま、こんにちは。

さて、今回は
弱虫ペダル ネタバレ【560】をお送りします

U-NEXTで「弱虫ペダル」全シリーズが絶賛配信中!

しかも31日間無料お試しだよ!

詳しくはこちら





まずはあらすじからです!

改造愛車で獣道を完走した坂道の携帯に雉からメールが!!
雉からレースの観戦に誘われ、MTBのレース会場にやってきた坂道は
そこで吉丸雷音と出会い、MTBレースについて教えてもらう
そんな中、会場で雉と再会して……!?


★目次はこちら★


前回を詳しく読みたい方は弱虫ペダル ネタバレ【559】をどうぞ!

<弱虫ペダルの電子コミックはこちらがオススメ! 立ち読みもカンタンです!>




坂道の眼前に広がる新たなる世界!
初めて目にするMTBレースは…!?


それでは、弱虫ペダル ネタバレ
 【560:MTBレース、スタート!!】のスタートです!!


アナウンス
「MTBシリーズ 高校生の部 第7戦 奥筑波山ステージ
開始1分前

選手たちの前に張られたスタートゲートのテープラインが
――――――外されます」

観客の熱気も高まる

小野田はスペアタイヤを手に、斜面を走らされていた

小野田
「もうすぐスタートですよ!?」

鈴音
「わかってるわよ!!」

スタートのカウントダウンが始まる

小野田
「あ… スタートを間近で見たかったなぁ…」

鈴音
「うちら『サポート』はMTBでは二人三脚!!
いち早くピットエリアに行って待機するのが仕事なの!!」

いつのまにか「うちら」と一緒くたにされていることに疑問を 持ちつつも、反論しない小野田

小野田
「ピットエリアって何ですか」

鈴音
「重要な場所よ!!
さぁふり返って スタートが見れるわ
ロードレースのパレードスタートとは訳違うわよ!」

小野田
「(え)」

鈴音
「MTBのレースのスタートは甲高いホイッスルの音を合図に
一斉の 全員全開スタートよ!!

ものすごい勢いでスタートする選手たちにおののく小野田

小野田
「う…わ 選手同士が当たってる!!
タイヤが巻き上げた砂ボコりで―――うしろの方は見えない!!」

鈴音
「最初のポジション争いは重要なのよ 皆必死で獲りに来る!!」

アナウンス
「スタートダッシュの争いを制して1人抜きん出て”ホール
ショット”をきめたのは―――――

ゼッケン2番 追いかける雷鳴(チェイサー)吉丸!!」
鈴音
「やった お兄ちゃん!! しゃあ!! コラァ!!」

乱暴な言葉遣いになる鈴音

鈴音
「うしろは泥や砂ボコりで視界が悪くなって不利―――――
だけどそれだけじゃない MTBで―――――

最前列を獲る理由―――――それは」

先頭の吉丸が林のエリアに突き進んでいく

鈴音
「スタート周りは広く作ってある”コース幅”が
テクニカルな林のセクションに入ると 

一気に狭くなって―――
前を追い抜くスペースがなくなるのよ!!」



一列に並ぶように林の中を進んでいく選手たち

吉丸
「しゃ……!! ホールショット 獲った…
オイ…… オイ…… オイイッ!!」

吉丸がペースアップして加速する

けれど2番手の選手がいっぱいいっぱいでついていけない

追い越せないためにその選手が邪魔になってうしろの選手が
つまる



小野田
「(場所によってコース幅が極端に変わるのか…!!
ロードレースとはやっぱり違う!!)」

アナウンス
「1周目から吉丸有利!!」

小野田
「じゃあ… もううしろの選手は追い抜けないんですか
(雉くんは…!!)」

鈴音
「ま 追い抜けないのは一般の選手の場合―――――
時々いる――――――

MTBのカミサマに愛された"天才”は 違う
スルスルとうしろから上がってきて

一般の選手が決して追いぬくポイントじゃないと思っている
ところで『ライン』見つけて魔法みたいに前出るの!!




「ごめんちゃい ちょっと通るよ」

選手たち
「うわ 雉!!」
「弓射!!」

「でかっ」
「通る!? ムリ言うな」
「ここは林の一本道だ 追いぬくラインはない」


「線(ライン)? あるでしょ?」

雉はひょいっと前輪を上げると、そのライン上に落とす


「ほらここに」

選手たち
「土の壁の際を」
「うああ ここで!?」


「お先に いくヨン」

選手たち
「コーステープの張られたギリギリの 
わずか10cmの盛り土のスキマに
タイヤを乗せやがった!!」

「あれが―――
インターハイMTB2連覇 
ゼッケン1番 雉弓射!!」



「(スタート失敗しちゃったヨン
横の選手にかぶせられて加速できなかった

先頭まで5~6人かなぁ)
面白くなってきたヨン!!」



小野田
「天才…………ですか」

鈴音
「そ!! もち!! うちの兄貴もそのうちの1人だけどね!!」

ロードレースとの違いに感嘆する小野田



その時、鈴音は小野田の顔を見て、気づく

鈴音
「(あれ? ん? この人… 何かで見たことある…!?
雑誌の… 何かの写真で――――――)」

****************************************************************************

★★あなたもブログでお小遣いを稼げるってご存知ですか?★★

↓↓↓


****************************************************************************


****感想****

とうとうMTBのレースが始まりました

ロードレースとはまるで違いますね

最初のスタートがすごく大事!!

下手したらそれで順位が決まっちゃうんですね

天才は挽回できるけど、天才じゃない人はスタートが全てって

ことなのかな?

それはそれで切ないけど


で、やっと小野田くんに気づいてもらえる瞬間が?

小野田くん、インターハイロードレース2連覇なのに

普段は全然オーラがないから(笑)

雑誌の取材だってたくさん受けていそうなのに

でも、自分の見たい記事だけ読むものなのかな?

小野田くんも、雉くんのMTB2連覇知らなかったですし

そんなものなのかな?


今日はこれでおしまいです。

次回もどうぞよろしくお願い致します。



★最近の記事はこちら★

弱虫ペダル ネタバレ【559】

弱虫ペダル ネタバレ【558】

弱虫ペダル ネタバレ【557】

弱虫ペダル ネタバレ【556】

弱虫ペダル ネタバレ【555】



スポンサーリンク






nice!(5)  コメント(0) 

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
外為ジャパンを紹介