SSブログ

弱虫ペダル ネタバレ【570】 [ネタバレ(あらすじ)]

みなさま、こんにちは。

さて、今回は
弱虫ペダル ネタバレ【570】をお送りします

U-NEXTで「弱虫ペダル」全シリーズが絶賛配信中!

しかも31日間無料お試しだよ!

詳しくはこちら





まずはあらすじからです!

つないだボトルを携え、雉を抜き返した吉丸はそのまま3・4周回目をトップで通過する
吉丸の快走により焦る雉だったが、吉丸の言葉で冷静さを取り戻す
そんな中、鈴音が雉の「伝説のレース」を語り始め…!?


★目次はこちら★


前回を詳しく読みたい方は弱虫ペダル ネタバレ【569】をどうぞ!

<弱虫ペダルの電子コミックはこちらがオススメ! 立ち読みもカンタンです!>




雉弓射の伝説はここから始まった!!


それでは、弱虫ペダル ネタバレ
 【570:伝説のレース】のスタートです!!


秩父連山CUP

今回も勝つのは吉丸だろうと観客の誰もが思っている中、
謎の男が現れる

最後尾に並ぶその男は、ユニフォームではなくTシャツに
短パン、グローブではなく軍手をし、バイクもかなり旧式で
タイヤもすり減り山がほとんどない状態だった

選手たち
「キミ… ここのコース急坂あるから転ばないように気を
つけろよ きつかったら押してもいいんだよ」

「あからさまな初レース!!ガンバレよ!!」
「ね――― そのゴーグルってさ もしかしてスキー用!?」

明らかに初心者と思われるいでたちに、からかいを含んだ 声かけをする選手たち


「(なんだ 心配してたけど けっこう皆フレンドリーに
話してくれるじゃないか

親父から急にレース出ないかって言われた時には
なんじゃそりゃって思ったけど 思ったより)

リラックスして楽しめそうだヨン♪



スタートした途端に前の選手を抜く雉

選手たち
「! !! うわ軍手くん!? 並んだ!?」
「いや おまえ ムリすんな 前半トバしすぎると…
後半バテるぞ」


「アドバイスありがとちゃい じゃあ おさえて走るヨン」

加速する雉

選手たち
「ちゃい!? ちゃいって何だ」
「うああっ」

「て…か おさえてその速度!?
「何だ あいつ!!」



急坂を息を切らせて上がる選手たち

選手
「このコースの名物……… 急坂だ!!
ここは長くて斜度がキツいんだ

降りて押す…か… いや 降りたら負けだ… 
ねばれ…オレ!!」

その選手を抜く雉

選手
「!! …わぁア さっきの初参加のヤツ うえ!?
何でここに!?」


ねぇ さっき言ってた『急坂』って まだ先?

選手
「ま (ここだよ!! !! なんだ あいつ…
あんな山のないすりへったタイヤで…
この急坂を軽々と登っていく!!)」



当の雉はTシャツがはためいて背中が見えてしまうことを気に していた


「(ムウ… 背中見えるの気になるな
今まで1人で山ん中だったから気になんなかったけど

人目がある中で自転車乗るのって ちょっと勝手が違う
だけど 『レース』…

次々人が降ってきて それをよけながら走るのって
ちょっとおもしろい)

今まで味わったことのない感覚だ!!」

横の斜面を利用して跳ぶように前に出る雉


「なんか楽しいね」

選手たち
「ハア!?… たのしい!? ”キツイ”だろ…
わっ抜かれた」
「てか あいつのバイク古すぎてギコギコ言ってるぞ」

次々に抜いていく雉


「思い切り全身使って自転車ふり回して走れる!!
おもしろいね レースって!!




路面を気にしながら登っている選手

選手
「くっ このコースは木の根や石がはりだしてる
引っかかったら落車かスリップだ ―――こいつを
よけながら走るのが大変なんだ!!」

うしろから雉が迫る


「(レースの『コース』って違う
いつも走ってる山の中は 道じゃないから枯葉や枝で

地面が見えない

目の前の道の状態がわかるのって 
すっげー走りやすい!!
ヨン!!」

選手
「うわっ 抜かれた!? な!? 何だあいつ
え!? Tシャツ!? ヨンて何だ!?」


「(あと何人くらいかな 前)」

選手
「くそ!! オレは2位だぞ …く… 
今3位になっちまったか あとは… 前にいるのは
吉丸だけだ!!」



ゴールラインでは鈴音がカメラを構えて兄が来るのを待っている

アナウンス
「はい 全3周の中学カテゴリー もうすぐ最終周回に
入りま――――す」

観客
「来るぞ 吉丸」
「今日はどんなポーズでゴールするかなー」

アナウンス
「あ この大会名物 焼き芋が焼けたみたいです
観客の皆さんもどうぞ

さあ 見えてきたのは吉丸選手 今レースもこの人が―――
あ もう1人見えています 周回遅れの選手ですかね」

アナウンスにどっと笑う観客たち

鈴音
「!?」

アナウンス
「……いや 周回遅れじゃないようです」

見えてきたのは苦しい顔で走る吉丸と、そのうしろにピタリと つく雉の姿だった

鈴音
「(え!? お兄ちゃんのあの表情―――!!
あれ… ホントに周回遅れじゃない!!)」

鈴音の目の前で吉丸が雉に抜かれる

アナウンス
「吉丸選手を悠々とパスしていく」


「最後の1人抜いたヨン♪」
吉丸
「誰だ てめぇわ!!」

アナウンス
「さ… え!? 最終周回に…………… 入りまーす………
……………
えーと 今の選手は… 49番… き…
矢…に なんだろう…弓? これ何て読むの?」




鈴音
「そのTシャツと短パンの謎の男は 
最終周回でお兄ちゃんの前に出ると 

3分以上の差をつけて 
1番にゴールゲートをくぐった」





****感想****

颯爽と登場し、楽々と優勝を勝ち取っていった雉くん

見た目といい、使ってるバイクといい、到底優勝するとは

思えなかった男の子が、それも連覇してる選手を3分も差を

つけて勝っちゃったわけですから、

そりゃあ『伝説』にもなるわけですね

そのままずっと負け知らずなのだとしたら、

そりゃ雉ファンも大量につくわけですね

吉丸くんが驕って練習を怠っていたわけでもなさそうだし、

実力差がそれほどあるってことはかなりキツイ


吉丸くん、そこから地道な練習を積んできて、

やっとリベンジできそうな瞬間に来ているのですね

すごいなー 吉丸くん凄いぞ!! 偉い!! よく頑張った!!

うん 雉くんの応援したいけど、吉丸くんにも勝ってほしい

って思います

来週には決着がつくんでしょうか??



今日はこれでおしまいです。

次回もどうぞよろしくお願い致します。



★最近の記事はこちら★

弱虫ペダル ネタバレ【569】

弱虫ペダル ネタバレ【568】

弱虫ペダル ネタバレ【567】

弱虫ペダル ネタバレ【566】

弱虫ペダル ネタバレ【565】



スポンサーリンク






nice!(4)  コメント(0) 

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
外為ジャパンを紹介