SSブログ

弱虫ペダル ネタバレ【582】 [ネタバレ(あらすじ)]

みなさま、こんにちは。

さて、今回は
弱虫ペダル ネタバレ【582】をお送りします

U-NEXTで「弱虫ペダル」全シリーズが絶賛配信中!

しかも31日間無料お試しだよ!

詳しくはこちら





まずはあらすじからです!

雉から不敗神話を持つMTBを借りた坂道
坂道はその連勝記録を守ろうとレースに臨むがコースに苦戦し!?


★目次はこちら★


前回を詳しく読みたい方は弱虫ペダル ネタバレ【581】をどうぞ!

<弱虫ペダルの電子コミックはこちらがオススメ! 立ち読みもカンタンです!>




MTBレースは初心者の坂道
転倒してじゅんいを下げるが、ここから追い上げなるか!?


それでは、弱虫ペダル ネタバレ
 【582:追い抜き】のスタートです!!


ロードとは違い「左右」の動きに「上下移動」が加わるMTBでは
『立体的な走り』が必要とされると、吉丸は鈴音に説明する



小野田は転倒して順位を下げたものの、林エリアをクリアしつつあった

小野田
「(変わる!! 路面の状況が絶えず変わる!!

アスファルトの上を走るロードと違って 上や下 右に左に
バイクを振られる!!

やっぱりろロードとは全然違う!! 『MTBレース』は!!)」

小野田の前にまた大きなコブが迫る

小野田
「(肘とヒザは『サスペンション』
力を抜いて肘とヒザを使って震動を――― 

受けとめるんじゃなくて 吸収する!!
よし………!!できた またできた!!

バイクは振られるけど 少しだけ慣れてきた!!
もう少しペースを上げよう!!

今おおよそ15番手)

ボクは前にいかなきゃならないんだ 雉くんの この自転車を
1番に届けるために!!



吉丸兄妹のいる場所から、林エリアを抜けて草エリアに出てきた
選手たちが見え始める

小野田が5番手にいないのを確認する鈴音

吉丸
「途中で転んだか… 転びやすいポイントはいくつかあるからな」

しかし10番手までにも小野田の姿はない

吉丸
「最初はそんなもんだ 派手にやったな…」

鈴音
「12… 13… まだ出てこない」

吉丸
「…………………
最初の砂利区間で5番手まで上げた時はもしかしてと思ったが―――

現実はそんなに甘くなかったな
(来ない… か)

やっぱり… 帰り支度をするか 鈴音」

くるりと向きを変え歩き出す吉丸

吉丸
「(あいつはオレをレースの時 助けてくれた 力をもらった
本当は最後まで見てやりたかったけどな)」

鈴音
「え どうして」

吉丸
「男は 敗けた姿を見られたくないもんなんだよ 行こう」

鈴音
「だ… だけど草エリアはコース幅も広いし
あいつ ここから挽回することだってあるかもよ

さっきみたいに… 直線だし!! ゴボウ抜きで!!」

吉丸
「…………… いや ムリなんだよ

ここのグラスエリアのコース幅は広いと言っても 自転車2台分
鈴音はオレたちのレベルのレースを見慣れてるから

わかんないかもな

幅が2台分しかないコースを走りながら追い抜くのには―――――
技術がいるんだ

鈴音
「!!」

吉丸
「自転車は動きながら走ってる時は 実は幅を1.5台分使ってる

残り0.5で追い抜くためにはコーステープギリギリにまで車体を
よせて抜くか あるいは上手に体を当ててパスするしかない

簡単そうにやってるから見てるとわかんないだろうが

実は難しいんだ」

鈴音
「(そんな… あいつ… いいやつなのに!!)」

吉丸
「おそらくあいつはこの草エリアで――――――
そういう抜き方はできない!!

そこに草エリアに出てきた小野田が見える

鈴音
「出てきたあいつ!! 16番手!!」

加速する小野田

鈴音
「あいつ 加速した!! 速いよ!!

私 お兄ちゃんとか雉のレース見てるけど 
直線だけなら――――すごい 変わんないレベル!!

吉丸
「(!! だがどうするロード君!! ”追い抜き”は!!)」



前の選手に追いついた小野田

小野田
「(このままじゃ前にいけない!! 前に選手がたくさんいる!!

このままじゃ前に行けない!!!
けどコースの幅はそんなにない!!

チェイサーさんのレース見てたからわかってる!!
だとしたら!! 方法はひとつしかない!!)」

吉丸
「(どうするつもりだロードくん!!)」

小野田は前の選手に声をかける

小野田
「あの!! すいません 
とても急いでいるので 道をゆずっていただけないでしょうか!!

驚く前の選手たち

選手たち
「へ?」
「え?」

顔を見合わせる選手たち

選手たち
「ああ どうぞ」

スッと右に寄ってくれる

そこを加速して抜いていく小野田

小野田
「すいません ありがとうございます!!」

選手たち
「うわっ」
「あいつ速ぇぇ」

吉丸
「抜いた…!!」

どんどんと声をかけ、道を譲ってもらって抜いていく小野田

吉丸
「何だあいつ (『お願いする』…だと!?) オイ!!」

鈴音
「次々順位上げてるよ お兄ちゃん」

吉丸
「(そんな手があったなんて…!!)
ハッハッハッハ 考えつきもしなかったァ!!

鈴音
「こっち来るよ!!」



ゴールで待っていた雉は、遠くからの声を聴く


「まじ…? 何か…小野田くん 不思議な抜き方してる―――

こりゃあ…!! 

スタート/ゴールで待ってようかと思ったけど
もちょっと近くで見なきゃだ ヨン!!」





****感想****

さすがに小野田くんだ―――!!

まさかの「お願いして道を譲ってもらう」作戦とは!!

他の選手もお願いされたら譲ってしまうのね(笑)

これは初心者レースだからってのもあるんでしょうか?

下手に行く手を塞いで両方とも転んだりしたくないって

ことかなぁ??

どこまで譲ってくれるでしょうか?

さすがに1、2、3番手は譲ってくれはしないよねぇ

表彰台に乗れるかもしれないもんね

そこからは技術で抜くしかない?


初心者コースは2周のはずだから、草エリアでは4番手あたりまで

順位を上げて、砂利区間で抜いて1位になり、林エリアでは他も

初心者だから技術がないはずだからなんとか抜かれずに行き、

最後の草エリアでは得意の直線コースだから加速して………

おお!!もしかして小野田くん、最初の初心者レースで優勝とか

ありえちゃう??



今日はこれでおしまいです。

来週もどうぞよろしくお願いいたします。


★最近の記事はこちら★

弱虫ペダル ネタバレ【581】

弱虫ペダル ネタバレ【580】

弱虫ペダル ネタバレ【579】

弱虫ペダル ネタバレ【578】

弱虫ペダル ネタバレ【577】



スポンサーリンク






nice!(3)  コメント(0) 

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
外為ジャパンを紹介