SSブログ

弱虫ペダル ネタバレ 【349】 [ネタバレ(あらすじ)]

こんばんは。


今回は、弱虫ペダル ネタバレ 【349】 をお送りします。




スポンサーリンク













まずは、前回までのあらすじを振り返りましょう。

インターハイ1日目ゴールゲート目前の闘い
黒田の決死の引きでゴール争いに加わる葦木場!!
先頭は葦木場、鳴子、御堂筋の3名
勝敗の行方は・・・




前回を詳しく読みたい方は、弱虫ペダル ネタバレ 【348】をどうぞ。


★目次はこちら★



<コミック最新第39巻、絶賛発売中! 下のリンクから購入できます!>
★弱虫ペダル(39): 少年チャンピオン・コミックス★


<弱虫ペダルの電子コミックはこちらがオススメ! 立ち読みもカンタンです!>
★弱虫ペダル 電子コミック版★



エースを背負った黒田の覚悟が奇跡を呼び込んだ。
何も失うものがない箱根学園が遂に先頭に追いた。
残りはあと僅か。
誰が勝利してもおかしくないレース展開。
1日目の栄光を手にするのは・・・



それでは、弱虫ペダル ネタバレ 【349:ゴールライン】のスタートです!


大歓声の中、1日目。

ゴールラインまで残りは

60m 

各校の声援が交錯しながら響きわたる


そして、全開スプリントの京伏、総北、箱根学園が横一線に並ぶ



3人の想いは同じ・・・

「届け!!!」


ゴールに向かってハコガクは右から、
総北は中央、
そして、京都伏見は左から・・・


まさに全開である。




ゴールゲートは目の前だ!!


「キ」「モ」

「モラア」

「モラ」「モラ」「モラ」

「モルアア」



「どけぇぇ
  総北、箱根学園(カス・バエども)!!」


「モルアアアアア」


御堂筋
「ボクが欲しいのは




勝利




それだけや!! 


 観客は御堂筋をみて”引いている”
「あの111番の人 何
    気持ち悪い・・・」


御堂筋にとっては、
そんな観客の声などお構いなしである



「他には何も要らない!!」



そして、御堂筋が前に出る




しかし、それを許すわけには行かない!


鳴子も必死で追いつこうとする

「(勝ァつ!! 

ワイが勝つ!! 勝つ!! 勝ァつ!!! 


そう、鳴子にも想い入れがある。


”ワイは
この瞬間のために地の底からはい上がったんや” 


”一番 大切なモン捨てて”


 「こっこまで来とんねん!!」



鳴子にも失うものはない。


腕がしびれる? 
筋肉が悲鳴を上げる? 
それがどうした!! 


そんなもん 
タコヤキと一緒に丸めて食うたる!!



見とけ観客 
小野田くん 
   ついでにスカシ!! 




「これが派手男の生き様じゃい!!」




「おるあああ」の掛け声と共に、鳴子が御堂筋と並ぶ





鳴子が言った
「言うたやろ 
    後半のびんねん!!」


その時、御堂筋の顔が更に変化して
叫んだ!!


「ジェットモラ!!」




残り30m 




とてつもないスピードで御堂筋と鳴子が並んで通過する 


葦木場はわずかに遅れている



が・・・・




ここで終わる葦木場ではなかった




「(獲るよ 
    雪成ちゃん!!)」




箱根学園の応援は絶叫モードである!!
 

「3番手!!くそ!!」

「ギリギリで追いつかないのか!!」

「追ってーーー!!」



この時、葦木場は変な感覚を覚えたのだった。


”疲労しているはずなのに

みなぎってる” 



力が 

全身に 



”箱根学園にもう 

   失うものは何もない!!”




葦木場の脳裏に倒れた黒田の姿が浮かぶ・・・



葦木場はまるで自分に言い聞かせているかのごとく同じ言葉を発している


オレは強い 

オレは強い 


オレは強い 



オレは強い 




オレは強いよ!!






猛烈に加速する葦木場が、前の2人にほとんど並ぶ



それは誰の目からみてもすごかった。

でかい物体が猛烈に加速している感じ・・・



20m!!


10m!!



遅れた今泉が鳴子に叫ぶ 

  「獲れ鳴子!!」




鳴子「るああ、勝つ!!」


御堂筋「モルァ 勝利や!!」


葦木場「あああ 強いよ!!」





そして、3人はそのままゴールラインへ



一瞬、観客、今泉、黒田、小野田をはじめ

卒業した総北メンバー

2年生



すべての視線はみな、ゴールラインという一直線を見つめている






そして・・・・





寸前のタイヤの位置は御堂筋、葦木場、鳴子の順

ゴールライン

3人とも腕をめいっぱい伸ばす





三人がそのゴールライン上を走り抜けた・・・






その順位は・・・・




「インターハイ 1日目トップ ゴール」





勝者は・・・・





大きく両手を横に突き出す男の影





「箱根学園 葦木場選手!!」





ということで【350】につづく



5月からアニメ弱虫ペダル 1期の再放送が始まります。
それにちなんで、アニメ 1期のあらすじと感想も随時書いていこうと思います。

★弱虫ペダル ネタバレ アニメ1期 第1話



***感想***



ついについた決着


1日目を制したのは、


「失うものはない」箱根学園だった。


なあるほど、こういう展開になったのかあ


「失うものはない」=「勝利は逃さないこと」になったのですね。





しかし、最後はリーチの差で身体の大きな葦木場と来ました


これに関しては、鳴子は納得が行かないかもしれません。


しかし、勝負とはこういうもの。



ずるいよ!って思わず人もいるかも知れませんね。



でも、他の競技でもそうですが、最後は、手であれ、足であれ、

すべての競技者がみんなやる最後の手段であり、
ルール違反ではありませんね。




もちろん、身体が一番小さい鳴子に同情はあるでしょう。



また、アレだけ勝利に貪欲な御堂筋も
「気持ち悪い」とまで言われても勝利をつかもうと頑張っていたが
最後は及ばす。

ここは納得できない読者さんもいるかもしれませんネ。




そして、今年もトップは取れなかった

まだ2日目もあるけども、


しかし今泉!! 情けないぞ!! 
他の人の「絶対勝つんだ!」って気持ちが今泉にはないのか?





どんなことをしても勝つんだ!って強い気持ちがないと、
やっぱり勝てないんだよなあ。



去年のトップ取れるかもって時にフレームにヒビが入ったときは
不運というか仕方ないって思ったけど


だからこそ今年は勝つぞ!って思って欲しかったな


総北のエースは今泉なんだと思うから余計に気にかかってしまいますよね。


まずは事実を受け止めて、次のレースに望みましょう。




★これから季節、熱中症の対策も必要ですね。
こちらのブログも是非お立ち寄り頂けると嬉しいです!

★これだけ知っておこう! 熱中症対策ブログ★



スポンサーリンク






nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
外為ジャパンを紹介