SSブログ

弱虫ペダル ネタバレ【380】 [ネタバレ(あらすじ)]

こんにちは。

今回は、弱虫ペダル ネタバレ 【380】をお送りします。




スポンサーリンク










まずは、前回までのあらすじを振り返りましょう。

インターハイ2日目、スプリントバトル
先行した箱根学園・泉田に、
奥の手の”サングラス”を装着し追いついた京伏・岸神!!
底知れぬ実力の岸神だが、御堂筋が出会った頃の彼は
大人しい文学少年だった…!?


前回を詳しく読みたい方は、弱虫ペダル ネタバレ【379】をどうぞ!



★目次はこちら★



<弱虫ペダルの電子コミックはこちらがオススメ! 立ち読みもカンタンです!>
★弱虫ペダル 電子コミック版★




筋肉への好奇心を抑え
成長した少年・岸神小鞠

だが、御堂筋と出会い・・・




それでは、弱虫ペダル ネタバレ 【380:心のつつみ】のスタートです!


・・・・・岸神の回想・・・・・・

京都の町の外れにある 
古く大きな屋敷で育ったボクは

物事や所作は
むやみに他人に見せていいものではない
と教えられた

楚々と振る舞い 
静心を持ち 
自分の感情などつつみかくせ と


小さい頃から本が好きで 
本の世界でよく空想していた

強い者に惹かれ 
謎に心躍り 
切なさにドキドキするような 
よくいる読書少年だった

ただひとつ違っていたのは


クラスの北見が、
問題がわからないのに手を上げて、
ボケてみせている

北見のボケに笑うクラスメイト達

しかし岸神は
クラスメイトとは違うところを見ていた

岸神
「(北見くんのウデはなぜあんなに太いんやろう

上沢さんのウデは細い 
田島くんのウデはフツウ

違う 違うボクも みんな違う

一番スゴい腕って 
どういうのやろう………)」

帰り道、
考え事をしながら歩いている岸神

岸神
「(いけない いけない 
すぐボクは他人の体のことを考えてしまう 
じっと見てしまう

そんなん知られたら気持ち悪がられるし 
見られる人にも失礼や

でも 本ではわからない感触――――― 
何がどうちがうのか

ボクはついいけないとわかっていても) 
それに触れて確かめてみたくなるんや…」

血の通う”ヒトの体”にすごく興味があった

そしてボクは中学生になった


御堂筋に声をかけられる岸神

御堂筋
「なあ キミィ 
昨日も来とったね その前の週も」

岸神
「やっ あ」

御堂筋
「ロードレース… 好きなん?」

岸神
「あ ロードレースじゃなくて (『にく』) ………
 いえ 何でもありません

き 気に障ったのでしたら謝ります 
すいません」

御堂筋
「…… べつに」

岸神
「失礼します か 帰ります 本読み終えたので

(危ない… 
思わず口に出して
 聞かれてしまうところだった 『にく』って……………

あれ? 言ってないよな? ボク) 御堂筋さんに」

自転車パークから走って逃げる岸神


自宅で風呂に入っている岸神

岸神
「(ダメだ 
言ってはいけないんだ 
このことは知られてはいけない

親にも言ってない 
姉さんにも言ってない
 『触れたい』だなんで)」

楚々と振る舞い 
静心を持ち 
自分の感情なんか 
包み隠さなければならないんだ


はじめは本当に本を読もうと思って
場所を探していただけだった

広くて陽当たりのいい場所を

岸神
「(わあ 
ここは陽当たりもよくていいな 
景色もいい

何だろう 
自転車のレースやってる 
そういえば入り口に”自転車パーク”ってあったな 
へぇ…)」

けれど 何度も通ううちに ボクは本を読む手を止めるようになった

岸神
「(筋肉…が 
や… 躍動してる…)」


夜、布団の中で考えを巡らす岸神

岸神「(自転車競技…)

他のスポーツとは違う 
ゴール前の筋肉の動き 
身体の動かし方まで 

あんなに前傾で行う
スポーツは他にはないし 

あんなに全身を使う
運動も他にはないんじゃないだろうか

あの踊る筋肉を 
いろいろな筋肉を 
あのスピードで

この手でもし触れることができたなら――――― 

………… くだらない妄想はやめよう

ボクはもう誓ったんだ 
あの場所には行かないって」


しかし雨の中、
自転車パークへきている岸神

岸神
「(雨でもやるんだ自転車…
 いや…ボクはやってるかどうか 
確かめるために来ただけ

そうなんだボクは)]

御堂筋がいるのに気づく岸神

岸神
「(やっぱりいた 御堂筋さん 

この間は突然話しかけられてびっくりした 
あまりに突然だったから

あの人のことは知ってる 
この自転車パークで 
すごく目立ってたから―――

ボクよりひとつ上の中学3年生で無口で――――― 
いつもここで走ってる

何度も表彰台に上がってるし 
何より―――)」

御堂筋の方に走っていく岸神に、
自転車クラブの人が声をかける

自転車クラブの人
「あ キミ いつも見に来とる子やね 
自転車に興味あるの? 中学生?

レース興味あるならさ 
うち クラブやってるから 
一度自転車乗ってみらんか?

レンタサイクルもあるし
 楽しみながら自転車をさ」

岸神
「興味ないです」

叫ぶように言って走って逃げる岸神

岸神
(御堂筋さん――――!!
 御堂筋さんは何より――――――)」


ベンチに座っている御堂筋の後ろに立つ岸神

御堂筋
「キミィか」

岸神
「(今度は心の準備ができてる) 
はい ボク 岸神っていいます 

あ あの ロードレースって
雨の中でもやるんですね」

御堂筋
「本読みに来とるんやなかったの? 
陽当たりいいから来とるんやなかったの?」

岸神
「あ」

ぐるんと後ろを振り返る御堂筋

御堂筋
「今日 雨やよ?」

岸神
「え や… 
ロ…ロードレースって
雨の中でもやるのかなぁって思ってですね……」

御堂筋
「ロードレースには興味ない言うとったやないの 
この間」

岸神
「…やっ ………あ…」

御堂筋のまなざしに言葉が出なくなる岸神

岸神
「(普通の会話がしたかった 
先日の優勝カッコよかったです

この間はパンクで残念でしたね 
いくらでも言いたいことがあるのに 
出てこない……

この人の 
この… 
一片の嘘もない 
純粋な目に見られると)

御堂筋
「キモ…」

岸神
「えっ」

御堂筋
「キミ キモいな」

岸神
えっ …や 
(やっぱり) す すいません

(ボクとは真逆だ 
この人には嘘はないんだ 

ボクは嘘ばかりだ 
ボクは本心を明かさない 
もう終わりだ―――― 

御堂筋さんは何より 
この自転車パークで一番だった 
いや全国で一番かもしれない

手足が長く無駄のない美しい四肢 
それに肉付けされた十分で必要なだけの筋肉

他の人とは格が――――― 
レベルが違う

「あの人 美しい・・・」

それに気づいた 
あの日の胸の高鳴り 
ボクは忘れない

『あの人 何だ 
他の人と違う 触れたい… 
触れて確かめたい

今ボクが感じてる感覚が 
真実か どうかを』)

ホントに 
すいませんでした 
話しかけたりして 失礼します」

頭を下げる岸神に御堂筋が続けて声をかける

御堂筋
「そうして 下向いて 頭下げただけじゃ 
何も見つけることはできんよ?

そのメガネ ダテやね」

岸神
「やっ… 
いやこれは目の動きを
他の人に悟られないようにするために…あっ

(御堂筋さんの前では
なぜか言わなくていいことを言ってしまう 
あの目のせいだ)」

御堂筋
「うわべだけのとりつくろいや
ごまかしばかりやりよったら 
真実は見えてこんよ?

何かを見つけたいと思っとったら 
外しや そんな装飾…
 『飾り』は

真実がほしいなら そのために差し出さな…
 『全てを 己自身』を!!」


逃げてきてしまった岸神

岸神
「(逃げるように立ち去ってしまった…… 

『真実が欲しいなら』……………… 

何なんだ あの目… 
あの目で言われると… 
心ゆれてしまう)」

伊達眼鏡をはずす岸神

岸神
「(ボクが欲しいのは真実だ 
本当はそうだ 
触れて確かめたいんだ

確かめたい 
だけど――― 『つつみかくせ』と ―――――…)」

立ちどまり、
踵を返して自転車パークへ戻る岸神

岸神
「ああ!! 
ああ 何だ 
何で 引き返してるんだボクは

いいのか 
ボクは 本当にいいのか

今から開けてしまうかもしれない 
開けてはいけない 
包みを――――――)」


自転車パークの金網にしがみつき叫ぶ岸神

岸神
「御堂筋さん 
ボクはあなたの筋肉を間近で触りたい!!

どうすればいいですか!!」

驚くクラブのメンバーたち

御堂筋も目を丸くして振り返る

御堂筋
………………ホウ



ということで【381】につづく



自宅にいながら1日1記事、所要時間15分、
ブログに記事を投稿するだけで稼げるアフィリエイト手法はこちら
   ↓
無料動画講座「弱者の戦略」







スポンサーリンク












***感想***

今回は岸神くんの回想で終わっちゃいました

あんなに小さい頃から
筋肉フェチだったのか

おうちが厳しい感じだったから
、抑圧されてあんなことに??

真実を実際に自分で触れて確かめたい!
ってことらしいけど

主に筋肉に対してだから、
やっぱり単なる筋肉フェチだよね


でも、まだまだかわいい感じの岸神くん

これがあんな変態筋肉野郎になったのは
御堂筋のせいということですね

「うわべだけのとりつくろいやごまかしばかりやりよったら 
真実は見えてこんよ?

何かを見つけたいと思っとったら 
外しや そんな装飾… 『飾り』は

真実がほしいなら 
そのために差し出さな…
 『全てを 己自身』を!!」

何てカッコつけたこと言ってたけど、
確かに最初はおおー!!
と思ったけど

よくよく考えたら、
真実を見つけるとかじゃなくて、

この後、
調子に乗せて
変態作成にかかってるってことだよね

友情とか、
先輩後輩の素晴らしい絆とか
って感じじゃなさそうだし


さて、スプリントバトルの決着は次で着くのか?

ガタガタになってた
総北はどうなったのか?

回想ばかりじゃなくて、
そろそろ勝負の行方が知りたいですよね!


最後までお読みいただきありがとうございました。


★目次はこちら★


★最近の記事はこちら★

弱虫ペダル ネタバレ【379】

弱虫ペダル ネタバレ【378】

弱虫ペダル ネタバレ【377】

弱虫ペダル ネタバレ【376】

弱虫ペダル ネタバレ【375】




スポンサーリンク






nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
外為ジャパンを紹介