SSブログ

弱虫ペダル ネタバレ【498】 [ネタバレ(あらすじ)]

みなさま、こんにちは。

さて、今回は
弱虫ペダル ネタバレ【498】をお送りします


まずはあらすじからです!





日々の筋トレを変えよう!

バルクアップHMBプロ






インターハイ最終日、先頭の御堂筋を追う坂道ら総北
御堂筋につけられた200mの差を詰めるため、鳴子が決死の覚悟でチームを引く
軽量化しながら進む鳴子は、ついに御堂筋との差を100mまで縮め、そしてさらに……!?


★目次はこちら★


前回を詳しく読みたい方は弱虫ペダル ネタバレ【497】をどうぞ!


<弱虫ペダルの電子コミックはこちらがオススメ! 立ち読みもカンタンです!>




チームを勝利へ導き
栄冠をつかみ取るため、
サドルまでも捨てる・・・


それでは、弱虫ペダル ネタバレ
 【498:最後の糸 】のスタートです!!


鳴子はサドルを引き抜く

鳴子
「登りは軽量化がキモや 要らんもんは捨てる 差はのこり100m 
御堂筋おまえに追いつくのにダンシングだけで十分や

サドル(これ)はもう要らんやろ

鳴子は抜いたサドルを放り捨てる

ガンゴンと音を立てて道路に転がるサドル

後ろから見ていた今泉と小野田は驚き目を見開く

小野田
「(鳴子くん…… サドルを!! 捨てた!!
もう座らないってこと!? 自転車に―――!?

まだ この先ゴールまで… 5km以上あるのに)」

今泉
「(鳴子!!)」

沿道の観客も騒ぎ出す

観客
「うわ サドルが外れた 3番鳴子の自転車から…」
「メカトラ!?」

「いや 自分で外したって 今!!」
「え!?」

「サドルってイスのこと?」
「尻と手で!!」

「まさか…… 軽量化で!?」
「うそだろ 確かに軽くはなるけど」

「そんなことまでするヤツ見たことねェ!!」


振り返って、鳴子の行動を見ていた御堂筋

御堂筋
「……!! 同じ…… 同じィいうことかナルコォ あの日…
 
(去年の冬の大阪での草レース

そこで見せたゴールスプリントの時のサドル抜き 『あれ』と)

捨てたいうことか 大切なもの… 躊躇なく
『最後の覚悟を得る』ために!!

ボクとの長い長い勝負に 決着をつけるためにィ!!

決着ゥ? ププ …けど 残念やけどォ その決意ムダに終わるよ?
ボクは絶対に追いつかれへんからぁ!!」

加速する御堂筋

鳴子
「絶対に追いついたるわ!! おるあああ」

鳴子も加速する

アナウンス
「京伏加速!! それを総北も追って加速!! 
差は変わらず100m!!」

鳴子
「意地でも追いついたる!!
元祖 スプリントクライムや!! おるああああ」

鳴子の太腿はピクピクと痙攣している

ハンドルを握る手もブルブルと震えている

鳴子は自分の太腿をガンガンと叩く

鳴子
「しっかり動けよ ワイの派手体ァ!!」

逃げる御堂筋を追う鳴子

鳴子
「まてやいうとるやろボケー筋!!」

威勢のいい言葉と裏腹に痙攣の止まらない鳴子の太腿

観客
「すげぇ 総北」
「追い上げる!!」

「3番鳴子!!」
「先頭京伏まで80mにまで迫る!!」

「70m!!」
「60m!!」

「すげぇ!! このままの勢いで追いつくぞ!!」

苦しそうな息の鳴子

後ろから見守る小野田は今にも泣きだしそうな表情をしている

小野田
「……!! (鳴子くん!!)」


御堂筋
「(迫ってきよる ナルコォ けど 追いつかれはせんよ?
相当ムリしとる ムリした体は 本人の意思とは無関係に 突然
限界を迎えて 動かなくなるもんやよ!!)」

鳴子
「(ボケー筋!! もう一息や もう一息!! すぐそこや!!
意地は張ってナンボ!!)
動けやワイの 派手足!!」

また加速する鳴子

アナウンス
「先頭まで50m!!」

しかし鳴子はいきなり意識を失い、カクンとハンドルに倒れ伏す

腕はだらんと下に落ち、自転車もフラッと横に揺れる

小野田
「鳴子く………… 意識が……」

驚愕する観客たち

小野田は思わず鳴子の方へと腕を伸ばす

その気配を振り返らずに感じ取る御堂筋

御堂筋
「(残念やったねナルコォ ここまでようねばったけどね 

けど 体と意思をつなぐ糸いうんわ 細くて 
突然 プッツリ 切れるもんなんやよ?

この勝負の勝敗は―――― 結局ボクの勝ちになりそうやね!!)」

腕を伸ばす小野田

小野田
「下に落ち…」

その時前の今泉が加速し、鳴子の自転車の横にピタリと付く

鳴子の身体をぐっと支える今泉

小野田
「(今泉くんが…鳴子くんを…!!)」

今泉
「どうした… 鳴子」

何事もなかったかのように落ち着いた口調で話しかける今泉

ハッと意識を取り戻す鳴子

鳴子
「(………!! スカシ!!)」

小野田
(初めて見た… 今泉くんが鳴子くんを抱えて助けるところ)

驚く小野田

落ち着いた口調で静かに話しかける今泉

今泉
「どうした 急に足を止めて 下を向いて
前に言ってただろう 燃えてるんじゃなかったのか
おまえは 300℃くらいに」

鳴子
「―――――!! カッカッカ (スカシ…!!)
アホさらせ 待っとけや 今…280℃まで達したとこや


バルクアップHMBプロ



****感想****

小野田くんと同じ感想です!!

今泉くんが鳴子くんを抱えて助けるところ、初めて見た!!!


小野田くんは泣きそうな顔で見守ってただけだけど、今泉くんは

こうなる可能性もわかってて、そうなった時にすぐさま出られるよう

うしろから注意して見ていたんですね

慌てず、騒がず、冷静に、鳴子くんがのちに後悔が残らないように

するにはどうすべきか考えて、そこまで考えてからの「先頭を鳴子

くんに任せる」だったんだろうな

今泉くんもエースとしての姿勢が身についてきていたんだなぁ


鳴子くんを先頭に、ちゃんと御堂筋に追いついてから、それからの

リタイアじゃないと鳴子くんは納得しないだろうしね

追いつくということは鳴子くんのリタイアが迫っているということ
なんだけど、でも本当に早く追いついてほしいですね

苦しそうな鳴子くんは長々とみていられないです


箱根学園の2人も総北のうしろに追いついてきてるよね?

そうじゃないとつまらないぞ!!

王者復活!はどうなったんだよー??



今回はこれでおしまいです。

最後までお読みいただき、
ありがとうございました。

次回もどうぞよろしくお願いいたします。


★目次はこちら★


★最近の記事はこちら★

弱虫ペダル ネタバレ【497】

弱虫ペダル ネタバレ【496】

弱虫ペダル ネタバレ【495】

弱虫ペダル ネタバレ【494】

弱虫ペダル ネタバレ【493】 




スポンサーリンク






nice!(4)  コメント(0) 

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
外為ジャパンを紹介