SSブログ

弱虫ペダル ネタバレ【400】 [ネタバレ(あらすじ)]

こんにちは。


今回は、
弱虫ペダル ネタバレ 【400】をお送りします。


そうです!


祝!! 400回!!


おめでとうございます!!


そしてありがとうございます!!

渡辺航先生!!



記念すべき400回

さて、どんな展開になるのでしょうか?

まずは、
前回までのあらすじを振り返りましょう。





スポンサーリンク












インターハイ2日目
ゴールを目指して早々に動いた御堂筋ら先頭を捉えた総北!!
エース・今泉を引く坂道は先頭との距離差を埋められるか!?




前回を詳しく読みたい方は、弱虫ペダル ネタバレ【399】をどうぞ!



★目次はこちら★



<弱虫ペダルの電子コミックはこちらがオススメ! 立ち読みもカンタンです!>
★弱虫ペダル 電子コミック版★




全力でペダルを回し続ける!!

栄光の頂きを目指して!!




それでは、弱虫ペダル ネタバレ 【400:小野田坂道】のスタートです!





新開
「(一瞬で並ばれた!! 
速い!! 山王!!)」


御堂筋も振り返る

御堂筋
「(追いつく気か!! 
山頂まで のこり1400mの 
この登りで

ゴールまでの この距離差を 

完全に潰そういうんか 

サカミチィ!!)」


小野田は叫びながら、
脚をぐるぐると回している


御堂筋
「(近づいとるゥ!!

ボクゥを引っぱっとるこの小型のエンジンは 
もうすぐオーバーヒートする

そうなれば自分の足(メインエンジン)に切り替え…!!

どこまでもつ!! もたせないかん 
ギリギリまで!!
 
『だましだまし』!!)」


御堂筋は水田に声をかける

御堂筋
「水田クゥン 
山頂には大勢の人が来とるよ!?」

水田
「え !?」

御堂筋「キミィの走りを見にィ… 

山岳賞 獲る姿を見に……!!

せやから もっと もっと 
速度上げたほうがエエで 限界まで」

御堂筋の微笑みに乗せられて
水田はすっかりその気になっている

水田
「山岳賞ォォ!!」


沿道にいる観客の人数が増えてくる

観客
「いけー」
「がんばれー」

「すげぇ」
「京伏 先頭!!」
「おお」

水田
「(ホントや… 
山頂に近づくにつれて人が増えてきた)」

観客
「みろ 京伏 1位だ」
「3年 水田だ!!」

水田
「(おお!? 名前 よばれた!! 
おお…!! アガる!!

テンションあがる!!)」



小野田を前にした総北に抜かれ、
呆然としている新開

新開
「(山王はオレと 
最初の山で勝負した時より

『今 確実に 速く走ってる』!!)」

新開に懸命に声をかける葦木場

葦木場
「遅れてるって 悠人!! 
前を利用する!! 
総北の 早くうしろにつけ!! 

ヤツらのうしろにはりついて 
前に一緒に追いつく!!」

新開
「(手を抜いたのか 
これが本当の山王の力なのか

いるのか そんなの 
自分のプライドのための『勝負』の時より―――

頼まれた時の方が速いヤツなんて!!)」


葦木場が新開の背中をバンと叩く

葦木場
「悠人!!」

我に返る新開

新開
「はっ あ はい 

すいません 葦木場さん 2度も」

指示通り、加速し、
総北に追いつこうとする新開

新開
「(オレは『山王』と勝負したくって 
このインターハイにのぞんだ

超えれると思った――― 
超えた と思った―――

超えなきゃなんないんだオレは 
オレは 
新開悠人だから!! 

新開隼人じゃないから!!)」


三度新開の背中を叩く葦木場

葦木場
「ごちゃごちゃ考えてると 
おいてかれるぞ悠人!!」

またしても葦木場の喝に、
我に返る新開

新開
「はっ」

葦木場
「ここはまだ登りだ だが 
すでにゴール前だ!!」

新開
「!! (ゴール前!! そうだ ヤッバイ!! 
『ゴール前』だ)

すいません!!」


加速し、総北のうしろに付く箱根学園の2人





観客
「総北とハコガクが追い上げてる!! 
もう京伏の真うしろだ!!」

「いけっ」
「見えてる!!」
「うしろ来てるぞ」
「ヤベ すげぇ!!」

「白熱」
「京伏ヤバイ!!」
「山頂まで 

のこり1kmォ!!」


「これ山岳賞 誰 獲んだ 
わからなくなってきたぞ」

「ホントだね」

「てか もうこれ 
ゴール争いじゃないのか!?」

「さっきから あの1番が 
うしろ3人を連れて登ってる!!」

「すご」

「ゼッケン1番… 
あいつが去年 最後の登り 
苦しい富士の登りを一番にかけ上がって

千葉の 総北を優勝につれていった 

小野田坂道だ!!」



気合の入った顔で引いていく小野田

息はハアハアと荒い


小野田
「(苦しい…!! けど 

追いつく!! 前に!!

それが クライマーとしての 
ボクの役目だから!! 

エースの今泉くんを連れて!!


見ててくれてますか 巻島さん 
日本に来てると金城さんからききました

もし どこかで見てて――― 
いえ…あとでニュースとかで読んで頂いて

ボクら 総北が がんばってるって 
知ってくれたら それで ボクは 


嬉しいです)」



顔を上げた小野田の表情は少し柔らかい



声援を送る沿道の観客

「もう 追いつくぞ」
「ヤベェ すげぇ総北!!」
「ガンバレー」
「京伏 負けるな」

「総北――!!」
「ハコガクいけ」
「京伏ィ!!」



それを見下ろす位置で、
木にもたれているのは・・・

総北OB・巻島だった


巻島
「クハ… 

……… ゴールの金城たちとは別行動で一人 

山に来てみりゃあ…

…ショ 

どうして おまえは いつも 

こっちが照れちまうくらい 


一生懸命なんだヨ!!」



巻島が指を伸ばす 


遙か下を走っている小野田は、
巻島の親指と人差し指に収まるほど小さく見える

巻島
「小っせーけど デカいショ 小野田 

いけっショそのまま 坂道 

おまえの道を!!」



ハアハアと荒い息の小野田

小野田
「きつかったけど… 
時間かかったけど」

それを振り返る
御堂筋の顔は引きつっている

今泉
「(やっぱ すげー)」

新開は愕然とした表情で、葦木場も厳しい表情をして、それを見ている

沿道の看板には
「山岳ラインまで のこり 500m」の文字が

小野田「のこり500mで」

水田は振り返り泣き叫びそうになっている

小野田
「先頭に 追いついたよ!!」


「総北と箱根学園 
山岳ラインの のこり500m手前で

京伏に並んだァ!!」



ということで【401】につづく





スポンサーリンク














***感想***

やった!! さすが小野田くん!!

まだまだ余力ありますって感じだよね

ハァ疲れたーって感じですもんね


どうしても追いつけない、
最初についた差が縮まらない、

とかって甘えたことを


言ってた新開弟よ!! 
この実力の差を身にしみて感じるがいい!!

なに勝った気で、年上に対して
偉そうな態度とってたんだよってなもんですよ


御堂筋は水田くんをおだてて
最後まで利用しようとしてたけど、

のこり500mで
追いつかれちゃったからには、

ここで即座に水田くん捨てて
自分が出るんでしょうか?


今泉くんは出る気満々だよね? 
葦木場さんも反応するよね?


ここからはエース同士の闘いになるんでしょうか?

あとゴールまではどれくらいなんだろう?


小野田くんは余力ありそうだし、
とりあえず山岳ラインまではこのまま突っ走って

小野田くんが山岳賞を獲る!!と

で、水田くんは早々にリタイア で、消えると

御堂筋は、今泉くんが折れてなかったこととか、
小野田くんが一瞬で追いついたこととか、

いろいろなことで打撃を喰らってるから、
エース争いに一瞬出遅れるとか?

で、葦木場さんと今泉くんとの争いになって、
でも昨日の鳴子くんの雪辱を果たすってことで

今泉くんが頑張って、
葦木場さんが手足を伸ばしても
間に合わないくらいの差をつけて勝つ!!

とか?



勝負の行方も気になるところではあるのですが、
個人的には眼鏡市場の弱虫ペダルコラボが

メチャクチャ気になるんですが(笑)




今回はこれでおしまいです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

次回もどうぞよろしくお願いいたします。


★目次はこちら★


★最近の記事はこちら★

弱虫ペダル ネタバレ【399】

弱虫ペダル ネタバレ【398】 

弱虫ペダル ネタバレ【397】

弱虫ペダル ネタバレ【396】

弱虫ペダル ネタバレ【395】



スポンサーリンク






nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
外為ジャパンを紹介